お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」開幕!

第一部『新選組』左より、土方歳三=中村七之助、深草丘十郎=中村歌之助、近藤勇=中村勘九郎、鎌切大作=中村福之助(C)松竹

夏の風物詩、3年ぶりに歌舞伎座で「八月納涼歌舞伎(はちがつのうりょうかぶき)」が、8月5日に開幕した。(30日千穐楽  休演日:10日、18日)

松本幸四郎、市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助そして坂東彌十郎、中村扇雀と毎年“納涼歌舞伎”を彩ってきた出演者に、フレッシュな花形が加わり、華やかに届ける。歌舞伎座では引き続き、換気や消毒を徹底するなど感染予防対策に万全を期して上演中。

◎第一部

第一部は、新作歌舞伎『新選組(しんせんぐみ)』から始まる。

第一部『新選組』左より、近藤勇=中村勘九郎、深草丘十郎=中村歌之助、鎌切大作=中村福之助、土方歳三=中村七之助、沖田総司=中村虎之介(C)松竹

手塚治虫の漫画が初めて歌舞伎になるとあって初日前から話題の本作。原作の漫画「新選組」は昭和38(1963)年1月から10月まで「少年ブック」で連載された作品で、“漫画の神様”とも称される手塚治虫が生み出した魅力的なキャラクターが活躍する歴史ドラマ。今回の公演では主人公の深草丘十郎を中村歌之助、その親友・鎌切大作を中村福之助が勤める。

時は幕末。父親の仇を討つため新選組に入隊した深草丘十郎と謎を秘めた少年剣士・鎌切大作の友情と少年の成長を軸に物語は展開していく。

幕が開くと、舞台には漫画の世界を現した印象的な舞台美術が配され、まるで漫画のページをめくったかのよう。手塚治虫の漫画でおなじみのキャラクターも舞台の随所に散りばめられている。歌舞伎座初主演となる歌之助は登場の瞬間から溌溂と丘十郎を演じ、瑞々しい姿で客席を魅了。「苦難を乗り越えていく丘十郎という一人の少年の姿を通して、お客様に何かを感じ取っていただければ」と真摯に語った思いを感じる熱演を見せた。

第一部『新選組』左より、深草丘十郎=中村歌之助、鎌切大作=中村福之助(C)松竹

丘十郎の親友・大作を演じる福之助は「手塚先生が描いた鎌切大作という人物になるべく近づけるよう、大事に演じたい」と語った通り、自身にぴったりと合った大作を丁寧に舞台上に表現し、丘十郎との対比がそれぞれのキャラクターをより印象的にする。兄弟だからか何事も「間」が合う、と話していた二人による息の合ったスピード感のある立廻りや、汁粉屋でほっとひと息つく姿も印象的。

様々な経験を重ね成長していく若者たちを見守る中村勘九郎演じる近藤勇、中村七之助演じる土方歳三ら新選組隊士たち一人一人の存在が物語を深め、芹沢鴨を演じる坂東彌十郎と坂本龍馬を演じる中村扇雀が舞台上に現れるとグッと舞台の密度が上がる。客席には若い世代の観客も多く、これまで納涼歌舞伎を盛り上げてきたメンバーと若い花形メンバーの新しいものを作り上げていく団結力を感じる“納涼歌舞伎”らしい公演に、客席からは大きな拍手が送られていた。

第一部『闇梅百物語』左より、河童=中村虎之介、傘一本足=中村種之助、狸=中村橋之助(C)松竹

続いては、妖怪たちが活躍する舞踊『闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)』。

舞台は「百物語」が行われているとある大名屋敷。辺りが怪しげな雰囲気に包まれると、宙に浮く一本足の傘に、狸や河童など個性豊かな妖怪たちが次々と登場。

第一部『闇梅百物語』左より、新造=片岡千之助、雪女郎=中村七之助(C)松竹

艶やかな美しさの雪女郎(中村七之助)に続けて中村勘九郎、中村勘太郎、中村長三郎が演じる骸骨たちが登場すると可愛らしくもユーモラスな姿に会場は大盛り上がり。最後に現れたのは百鬼夜行の読本を持った読売。実はこの読売の正体は…。

第一部『闇梅百物語』(前方)左より、読売=中村長三郎、読売=中村勘九郎、読売=中村勘太郎、(後方)籬姫=中村鶴松(C)松竹

「百物語」の怪異に始まり、個性豊かな妖怪ちの踊りなどみどころが続く夏にぴったりのひとときとなった。

◎第二部

第二部は、 『 安政奇聞佃夜嵐 (あんせいきぶんつくだのよあらし)』 で幕を開ける。

本作は明治の初めに実在した脱獄事件をもとに、大正 3(1914)年に古河新水(十二世守田勘弥)が、時代設定を世情不安定な安政期に改め、書き下ろした世話物。六世尾上菊五郎と初世中村吉右衛門、二世尾上松緑と十七世中村勘三郎、当代菊五郎と二世吉右衛門といったコンビで上演されてきた本作を、この度は松本幸四郎の青木、中村勘九郎の神谷という組み合わせで実に 35年ぶりに上演する。

第二部『安政奇聞佃夜嵐』左より、神谷玄蔵=中村勘九郎、青木貞次郎=松本幸四郎(C)松竹

舞台は冬の人足寄場。苦役の日々を過ごす青木貞次郎と神谷玄蔵は隅田川を渡り島抜けしようと計画する。泳ぎが得意な青木と泳ぎが苦手な神谷の二人が何とか隅田川を渡っていく場面では、幸四郎と勘九郎のコンビならではの面白み溢れるやりとり、どこか憎めない可愛らしさすら漂う様子に会場もクスリ。「幸四郎さんと僕の強みの一つは可愛らしさだと思っています。」と勘九郎が話した通りのチャームポイントを活かした絶妙なコンビの魅力を見せた。ともに脱獄を果たした二人は路銀調達のため悪事を重ねると、青木は神谷と別れ故郷甲州へ。そこで青木は渡し守の義兵衛一家と出会うが…。

これまでの上演でも人気を博した二人が川を泳いで脱獄する場面は一面に浪布を使った歌舞伎ならではの演出も必見。

第二部『安政奇聞佃夜嵐』左より、青木貞次郎=松本幸四郎、神谷玄蔵=中村勘九郎(C)松竹

そして前半の脱獄劇から物語は進み、親の仇討ち、埋蔵金も絡み合い、後半に進むにつれて予想外にスリリングな展開を見せていく。「生の舞台で、勘九郎さんと僕の二人の芝居で芸をお見せして、歌舞伎を堪能していただきたい」と幸四郎が初日に向けて寄せたコメントの通り、最後の最後まで見逃せない見ごたえのある物語、歌舞伎らしい演出で客席を魅了した。

続いては、澤瀉十種の内『浮世風呂(うきよぶろ)』。

「澤瀉十種」の一つで、洒落た味と軽快な動きがみどころの舞踊です。小粋な三助政吉を 市川猿之助、艶っぽい女なめくじを市川團子が勤める。

第二部『浮世風呂』三助政吉=市川猿之助(C)松竹

幕が開くと、朝日が差し込む風呂屋でせわしなく働く三助政吉。風呂屋で働く三助の粋な様子を猿之助が軽快に見せていく。そこへいつのまにやら現れたのは、女の姿をしたなめくじ。なめくじは粋な三助に惚れ、口説きにかかるが…。惚れた三助にすり寄っていくなめくじの様子や、それに驚き逃げる三助の滑稽さが面白く、テンポよく踊り進めていく様子が目にも耳にも心地よいひと幕に客席からは大きな拍手が送られた。

第二部『浮世風呂』左より、三助政吉=市川猿之助、なめくじ=市川團子(C)松竹

◎第三部

第三部は、 『 東海道中膝栗毛弥次喜多流離譚 (やじ きたリターンズ)』  。

弥次郎兵衛と喜多八が東海道を旅する『東海道中膝栗毛』を下敷きに平成 28(2016)年より松本幸四郎の弥次郎兵衛、市川猿之助の喜多八という新たなコンビで練り上げられ、毎年上演されてきた本作。今では歌舞伎座の夏の風物詩となっている。

第三部『弥次喜多流離譚』左より、喜多八=市川猿之助、弥次郎兵衛=松本幸四郎、娘オリビア=市川染五郎、ザブエル=市川門之助(C)松竹

3年ぶりの歌舞伎座での上演となる今回は、前回、伊勢神宮の花火で天高く打ち上げられてしまった弥次喜多の二人が辿り着いた遠く離れた無人島から始まる。

弥次喜多の二人は無人島から何とか長崎までたどり着くと、古巣である歌舞伎座の閉館の危機を救うため歌舞伎座を目指す。幸四郎と猿之助の弥次喜多は今回も安心感ある名コンビぶりを発揮。久々の上演とあって、二人が舞台上に登場すると客席からは「待ってました!」と言わんばかりの熱烈な拍手が送られた。二人は冒頭の場面から阿吽の呼吸で縦横無尽に舞台を駆けまわり、観客を奇想天外な“弥次喜多ワールド”に引き込む。歌舞伎ファンなら「あっ!」と気づく名作のパロディがいたるところに盛り込まれ、予想外の展開に驚きの連続で飽きる間が無く次の場面へ。好評を博した配信版の図夢歌舞伎『弥次喜多』の舞台“家族商店”の登場も見逃せない。

第三部『弥次喜多流離譚』左より、弥次郎兵衛=松本幸四郎、娘オリビア=市川染五郎、娘お夏=市川團子、喜多八=市川猿之助(C)松竹

弥次喜多シリーズに欠かせない市川染五郎と市川團子の二人は、これまで演じてきた梵太郎と政之助に加え、今回弥次喜多シリーズでは初の女方の役にも挑戦し、早替りで二役を華麗に演じ分ける。染五郎演じるオリビア、團子演じるお夏ともに可憐な姿を見せ、淡い恋模様を描く場面も。これまでにない新たな魅力を発揮した。歌舞伎座ではコロナ禍以降初となる本水の立廻りも解禁。大量の水を使った滝の中を弥次喜多の二人が激しく立廻り、涼を感じる演出に客席は大興奮。「弥次喜多」シリーズおなじみのメンバーも総出演で久々の歌舞伎座での上演を盛り上げる。今年 92 歳となる市川寿猿もゴンドラでの宙乗りを披露(ギネス申請中!)し、元気な姿を見せた。

第三部『弥次喜多流離譚』左より、喜多八=市川猿之助、五代政之助=市川團子、伊月梵太郎=市川染五郎、弥次郎兵衛=松本幸四郎(C)松竹

弥次郎兵衛、喜多八、そして梵太郎、政之助の 4 人が宙乗りを披露すると、客席の盛り上がりは最高潮に。コロナ禍からの復活への願いを込めた舞台に客席は明るく晴れやかな空気に包まれた。

【公演情報】
歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」
2022年8月5日(金)~30日(火)
【休演】10日(水)、18日(木)

◎第一部 午前11時~

手塚治虫 原作
日下部太郎 脚本
新作歌舞伎
一、新選組(しんせんぐみ)

深草丘十郎 歌之助
鎌切大作 中村福之助
近藤勇 勘九郎
土方歳三 七之助
仏南無之介 橋之助
沖田総司 虎之介
娘八重 鶴松
庄内半蔵 片岡亀蔵
芹沢鴨 彌十郎
坂本龍馬 扇雀

三世河竹新七 作
二、闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)

骸骨/読売 勘九郎
傘一本足 種之助
河童 虎之介
小骸骨/読売 勘太郎
小骸骨/読売 長三郎
籬姫 鶴松
新造 千之助
狸 橋之助
小姓白梅/雪女郎 七之助

◎第二部 午後3時~

古河新水 原作
巖谷槇一 脚色
今井豊茂 補綴・演出
一、安政奇聞佃夜嵐(あんせいきぶんつくだのよあらし)
佃島寄場島抜けより甲州金鉱洞穴まで

青木貞次郎 幸四郎
神谷玄蔵 勘九郎
おさよ 米吉
木鼠清次 隼人
上州屋倅半次郎 玉太郎
三好野亀次郎 猿弥
元締宇野与兵衛  由次郎
飯屋女房お米 萬次郎
おさよの父義兵衛 彌十郎

木村富子 作
二、澤瀉十種の内 浮世風呂(うきよぶろ)
※「澤瀉屋」の「瀉」のつくりは、正しくは“わかんむり”

三助政吉 猿之助
なめくじ 團子

◎第三部 午後6時15分~
十返舎一九 原作より
杉原邦生 構成
戸部和久 脚本
市川猿之助 脚本・演出
東海道中膝栗毛
弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)
本水にて大滝の立廻りならびに宙乗り相勤め申し候

弥次郎兵衛 幸四郎
総長シー子 新悟
子分ジャック 廣太郎
芹沢綾人 隼人
旗持ちトラ 男寅
親衛隊長タカミ 鷹之資
旗持ちオタマ 玉太郎
伊月梵太郎/娘オリビア 染五郎
五代政之助/娘お夏 團子
下剃虎奴 青虎
家族商店店長寿知喜 寿猿
特攻隊長ムネ 宗之助
海賊王ジョニー・テープ 錦吾
緑婆奈々夫人 笑三郎
天照大神 笑也
父次右衛門 猿弥
釜掛之丞 片岡亀蔵
ザブエル 門之助
副支配人つる紫 高麗蔵
喜多八 猿之助

〈料金〉1等席16,000円 2等席12,000円 3階A席5,500円 3階B席3,500円 1階桟敷席17,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹(10:00-17:00)0570-000-489
または東京 03-6745-0888 大阪06-6530-0333 チケットWeb松竹 検 索
https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/773

 

[舞台写真提供/(C)松竹]

記事を検索

観劇予報の最新記事

須賀健太が演出、劇団「ハイキュー!!」新たに始動!
山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨らのミュージカル『SERI~ひとつのいのち』ビジュアル&PV公開!
昭和の喜劇人を描くケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台『世界は笑う』開幕!
阿部サダヲ、吉田羊、間宮祥太朗、江口のりこらの出演する『ツダマンの世界』作・演出の松尾スズキ直筆イラストビジュアル公開!
三越劇場で9月にアトリエ新派公演と朗読劇場を開催!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報