お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

横山裕主演×大根仁演出の『マシーン日記』ビジュアル発表!

松尾スズキの名作を横山裕主演×大根仁演出で上演する『マシーン日記』。そのビジュアルがついに完成、また、音楽をサカナクションから岩寺基晴、江島啓一、岡崎英美、草刈愛美の4名が手がけることが決定した。

Bunkamuraシアターコクーン芸術監督に就任した松尾スズキが、“今”をときめく話題のクリエイターたちを自ら指名し、過去の松尾作品を“新演出”で甦らせるシリーズ第2弾として上演する『マシーン日記』。1996年の初演以降何度も再演され、パリ公演も実現した松尾作品初の海外公演であり代表作のひとつ。

今回演出に指名されたのは、放送中の話題のドラマ『共演NG』(TX)の監督・脚本を務めるなど、いま注目の映像ディレクター大根仁。ドラマ『演技者。』(03・CX)でも『マシーン日記』の演出を手掛けたことがある大根が、シアターコクーンに初登場する。

主演を務めるのは、歌手としてはもちろん、俳優としても映画やドラマ、舞台で活躍する関ジャニ∞の横山裕。共演に、名バイプレイヤーの大倉孝二、若手注目株のカメレオン女優森川葵、さらに、名立たる演出家達が絶大な信頼を寄せる秋山菜津子と、一癖も二癖もある俳優陣が結集した。町工場を舞台に展開する歪んだ日常。男女4人が織りなす、おかしくも切ない、そして狂気とも感じる究極の愛の形が描かれる。

公開されたビジュアルでは、物語の舞台となる「町工場」から連想させるメタリックな雰囲気をベースに、本作品からイメージを受けたモチーフやキーワードと共に登場人物4人をコラージュ。これまで上演されてきた『マシーン日記』とは一線を画す大根版ならではのキャッチーな世界観を表現している。

本作の音楽を手掛けるのは、サカナクションから岩寺基晴、江島啓一、岡崎英美、草刈愛美 の4名。2007年にメジャーデビュー後、文学性の高い歌詞とノスタルジーあふれるメロディで、常に話題を呼んでいるサカナクション。独自のスタイルを確立し高い評価を得ている現在の音楽シーンを代表するロックバンドから、メンバー4人が、演出の大根たっての希望で本作への参加が決定。舞台作品の音楽を初めて手掛けます。サカナクションが主題歌および劇中音楽を担当し、第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞をロックバンド史上初受賞した映画「バクマン。」(監督:大根仁)以来の大根との最強タッグが、再び実現する。

【コメント】
江島啓一(サカナクション)
とある番組でご一緒した際、「次にやる舞台の音楽どうしようかと思ってたんだけど、いい人いた」と大根さんから直接今回のお話をいただきました。きっかけは、いつどこでやってくるかわからないな、と思いつつも、また一緒にお仕事が出来ること、とても楽しみにしています。メンバー共々舞台の音楽は初挑戦ですが、大根さんと出演者の皆さまが作る新しい「マシーン日記」という作品の一端を僕たちの音楽で担えたらと思っています。

【ストーリー】
小さな町工場・ツジヨシ兄弟電業を経営するアキトシ(大倉孝二)は、妻サチコ(森川葵)とともに自らの工場で働いていた。工場に隣接するプレハブ小屋に住む弟のミチオ(横山裕)は、壊れた機械を見ると直さずにはいられない電気修理工。ミチオは訳あってアキトシに監禁されており、小屋と右足を鎖でつながれていた。一方のサチコには、かつてミチオに強姦された過去があり、未だ不倫関係にあった。
そんな中、工場に新しいパート従業員としてサチコの中学時代の担任で体育教師であったケイコ(秋山菜津子)がやって来る。数学的思考でものごとを考え、極度の機械フェチでもあるケイコは、壊れた携帯電話を直してもらったことをきっかけにミチオと結ばれ、「あんたのマシーンになる」と服従を誓う。小さな町工場を舞台に、男女4人の情念渦巻く愛憎劇が始まる…

【公演情報】
COCOON PRODUCTION 2021 『マシーン日記』
作:松尾スズキ
演出:大根仁
出演: 横山裕 大倉孝二 森川葵 秋山菜津子
●2021/2/3~27◎東京公演 Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉ベンチシート、S席11,000円 / A席9,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般発売日〉一般発売日 2021年1月10日(日)AM10:00~
〈お問い合わせ〉Bunkamuraチケットセンター 03‐3477‐9999(10:00~17:00)
〈公式サイト〉https://www.bunkamura.co.jp/
●2021/3/5~15◎京都公演 ロームシアター京都 メインホール
〈料金〉11,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般発売日〉一般発売日 2021年1月10日(日)AM10:00~
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日曜・祝日は休業)

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

道枝駿佑の初単独主演舞台『Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-』のオールキャストなど詳細が決定!
大和田獏、島田歌穂らが出演のトム・プロジェクト プロデュース『モンテンルパ』開幕!
加藤シゲアキの主演で『モダンボーイズ』4月に上演!
聴覚と視覚で想像の翼を広げた、朗読で描くミステリー『シャーロック・ホームズ~特別なあのひと~』
「忠臣蔵 討入・る祭」舞台映像&振り返・るトーク配信!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト