お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

森山未來の新感覚の朗読パフォーマンス『「見えない/見える」ことについての考察』10月に 全国ツアー開催!

森山未來のソロパフォーマンスとして2017 年に東京藝術大学にて初演、新しい表現のかたちを示して、全 4 公演ながらも話題を呼んだ作品『「見えない/見える」ことについての考察』。今回、森山未來の、<日常を失った世界に問う「本当に見ること」とは >という問いかけとともに、森山未來のソロパフォーマンスとしては初の全国ツアーを、 7 カ所、38 公演、開催する。

俳優やダンサーとして第一線で活躍しながら、国境やジャンルを超えた表現に挑戦し続ける森山未來。彼が織りなす、声と身体、光で感じる新感覚の朗読パフォーマンスだ。

【公演紹介】
私たちが本当に見ているものは何なのか。この問いの答えを見つけるとき、選び取ることの大切さに気づくことができるでしょう。パフォーマンス《見えない / 見える ことについての考察》は声と残像、そして森山未來の身体を通して私たちに語りかけてきます。
《見えない / 見える ことについての考察》はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白の闇』という小説から着想を得たテキストのリーディングを中心としたパフォーマンスです。ある日人々が突然視力を失う、それはいわゆる「黒い闇」ではなく、ミルクのように圧倒的な白い闇なのです。人々はパニックに陥り、弱者と強者の立場が入れ替わるなどの混乱がおきます。最後は視力を取り戻すものの、この体験を通して彼らは、見えることと見えないことの境界をリセットし、不確かな現代の中で本当に見なければならないものについて再考するのです。
この『白の闇』に、モーリス・ブランショ作の『白日の狂気』がメタテキストとして絡まってきます。これは強い光で視覚を失いそうになること、すべてが見えすぎることによってかえって見えなくなることを比喩的に語っています。明滅する光の残像の中に浮かび上がる森山未來の身体と、透徹した声で読まれる2つのテキストの響き合いは、未知のヴィジョンへと観客を誘っていきます。(初演時概要より引用/キュレーター・長谷川祐子)

【公演情報】
『「見えない/見える」ことについての考察』
演出・振付・出演:森山未來
キュレーション:長谷川祐子
テキスト:ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」(翻訳:雨沢泰、河出書房新社刊)、モーリス・ブランショ「白日の狂気」(翻訳:田中淳一 ほか、朝日出版社刊)
●10/14~18◎横浜赤レンガ倉庫1号館
そのほか上田、名古屋、尼ヶ崎、堺、福岡、長崎公演あり
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京  0570-00-3337(平日 12:00-15:00)
〈公式サイト〉https://mienai-mieru.srptokyo.com/

 

(c)Shintaro SUMIMOTO

記事を検索

観劇予報の最新記事

当り役で8ヶ月ぶりの舞台!「十月大歌舞伎」松本白鸚 取材会レポート
マームとジプシー『てんとてん』間もなく東京公演開幕!
佐野瑞樹&佐野大樹&山本亮太、WBB第17回公演『川崎ガリバー once again』が開幕!
三谷幸喜 作・演出 シネマ歌舞伎最新作『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』完成披露上映会開催レポート
鞘師里保が再びリリーを演じるshared TRUMP シリーズ 音楽朗読劇『黑世界』開幕!レポート到着

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト