お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三』5月に上演!

上段/山田由梨 大鶴佐助 内田朝陽  千葉冴太 下段/ 篠山輝信 緒川たまき 村上淳 みのすけ

東京芸術劇場では、主催公演として、2006 年から京都を中心に活動を展開する演劇団体・木ノ下歌舞伎による『三人吉三』の、5月30日から上演する。

現在、演劇に関わる者なら一度は耳にし、その斬新な作品スタイルを話題にせずにはいられない木ノ下歌舞伎(通称:キノカブ)。劇団の代表作である『三人吉三』は、木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一が監修・補綴、杉原邦生が演出・美術を担当し、2014 年に KYOTO EXPERIMENT で初演。翌年、東京芸術劇場が若手演劇団体と提携して公演をおこなう“芸劇 eyes 公演”としてシアターウエストに初登場し、読売演劇大賞 2015 年上半期作品賞にノミネートされた話題作であり、5時間に及ぶ一大エンターテイメント作品。

今回の再演では、演劇界注目の若手、ベテランの俳優陣が新たにキャスティングされ、木ノ下裕一が再補綴に取り組む。演出は、初演と同じく、国内外の古典作品を中心に確かな演出力を発揮し続ける杉原邦生が手掛ける。江戸幕末の動乱期に日本で生まれ、今日まで愛され続ける歌舞伎演目『三人吉三』を、老若男女問わず楽しめる、キノカブワールド全開で届ける。

【公演情報】
東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三』
作:河竹黙阿弥
監修・補綴:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生
出演:内田朝陽 大鶴佐助 千葉冴太
山田由梨 小日向星一 山﨑果倫 緑川史絵
森田真和 田中佑弥 高山のえみ 武谷公雄
みのすけ 篠山輝信 緒川たまき 村上淳
●5/30〜6/1、6/4~7◎東京芸術劇場プレイハウス
上演時間:3幕 (約5時間 30 分 途中休憩あり)
〈料金〉S 席 7,700円 A 席 6,500円/65 歳以上(S 席)6,000円/25 歳以下(A 席)4,500円/高校生以下(A 席)1,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
※65 歳以上、25 歳以下、高校生以下チケットは、劇場ボックスオフィスのみ取扱い。(枚数限定・要証明書)
〈チケット発売日〉2020年 3月 7日(土)10:00~
〈お問い合わせ〉東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く 10:00~19:00)
〈公式サイト〉https://www.geigeki.jp/performance/theater235/

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

劇団☆新感線39興行春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』東京公演が開幕。ライブビューイング開催が決定!
井上ひさしの傑作戯曲が、藤田俊太郎の手によって鮮やかに現代に蘇る!『天保十二年のシェイクスピア』
今泉佑唯が4代目あずみに挑む『あずみ~戦国編』制作発表レポ―ト
多彩な音楽のパワーが紡ぐ人を愛する尊さと痛み ミュージカル回想録『HANDRED DAYS ハンドレッドデイズ』
野田秀樹 作・演出・出演『One Green Bottle』台湾・NY公演へ! 稽古場レポート&インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報