お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

明治座初のオリジナルミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』ついに待望の上演決定!

明治座初のオリジナルミュージカルとして、2020年4月に上演するはずだったが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて公演中止となった『チェーザレ 破壊の創造者』。いよいよ2023年1・2月に、中川晃教主演で待望の上演が決定した。

原作は、15世紀のルネッサンス期イタリアを舞台に、イタリア半島の統一、次いで欧州の統一の野望を抱いた名門ボルジア家の後継者・チェーザレ・ボルジアの戦いを描き、大ヒットとなった惣領冬実が描いた歴史大河コミック「チェーザレ 破壊の創造者」。

講談社発行のコミック誌・週刊モーニングにて2005年から不定期連載され、21年11月についに完結。ダンテ研究者を原作監修に、貴重な資料の収集やそれらの整理に膨大な時間がかけられた歴史大作であり、フィクションではあるものの極力史実に沿って描かれ、累計発行部数は140万部を超える大ヒットコミックス。

本作はそんな大人気作品を本格ミュージカル化。明治座としても初めて挑むオリジナルミュージカル製作となる。脚本は、2008年まで宝塚歌劇団で多くの名作を手掛け、退団後もストレートプレイ・ミュージカル・ショーなど幅広く活躍する荻田浩一。演出は第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し、翻訳劇のストレートプレイ演出に定評のある小山ゆうな。音楽をピアニスト、作・編曲家、プロデューサーとしても活躍し、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』や『キンキーブーツ』の音楽監督も務めた島健が務める。

そして、主人公のチェーザレは、20年に引き続き、歌唱力、経験、人気を兼ね備え、幅広い役柄をこなす中川晃教が演じる。

2020年、開幕間近で惜しくも公演中止となってしまった無念を晴らすように、明治座にルネッサンスの風を吹かせる。この後も若手から実力派まで随時キャスト発表を予定している。

《ストーリー》
15世紀のイタリア半島。
野望をむき出しに争い、果てなき闘争を繰り広げていた教皇、皇帝、そしてその座を狙う諸国の王侯貴族たち。時代は混沌を極め、イタリア半島は、その中心地として戦乱の渦の中に置かれていた。
ピサのサピエンツァ大学に編入した16歳の青年アンジェロは、田舎から出てきたばかり。周囲の空気を読めず、その言動によってメディチ家の子息ジョヴァンニの面子を潰してしまう。そんなアンジェロに興味を持ち、彼に声をかけた学生がいた。その人物こそ名門貴族ボルジア家の後継者にして、後にイタリア半島統一を目指して歴史に名を残すことになる、 チェーザレ・ボルジアであった。
教皇インノケンティウス8世崩御の時が迫っていた1491年、次期教皇戦を睨み、水面下では派閥争いが静かに繰り広げられていた。キリスト教において最高位である教皇の座を巡り、激しく争うチェーザレの父ロドリーゴ・ボルジアとジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ。チェーザレは父を教皇の座につかせるため、そして、その先にある自らの理想を実現するため、 頭脳戦に身を投じていく。
ロドリーゴと激しく争うローヴェレはチェーザレの動きが気にくわない。ローヴェレは密偵を放ち、チェーザレの命を狙う。それぞれの思惑が交錯する中、果たしてチェーザレは理想実現のため、知と力の戦いに打ち勝つことはできるのか。

【公演情報】
ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』
原作:惣領冬実『チェーザレ 破壊の創造者』(講談社「モーニング」連載)
原作監修:原 基晶
脚本:荻田浩一
演出:小山ゆうな
音楽:島 健
出演:中川晃教 ほか
●2023/1・2月◎明治座
〈お問い合わせ〉 明治座チケットセンター 03‐3666‐6666(10:00~17:00)
〈公式サイト〉https://www.cesare-stage.com
〈公式Twitter〉@cesare_stage

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

石野真子主演、鈴木福の大人びた表情にも注目!『きっとこれもリハーサル』メインビジュアル公開!
小柴 陸、羽野晶紀、橋本さとしでリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』が再演決定!
「尾上右近が描く和傘チャリティー企画」高額で落札、全額寄付の贈呈式
舞台『青少年アシベ』メインビジュアル公開!
丘みどりがミュージカル初挑戦!朗読ミュージカル『8000mの愛』上演決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報