お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

新たな総合エンターテインメントプロジェクト『FAKE MOTION -卓球の王将-』7 月東京・神戸にて上演!

©汐留ヱビス商店街 ©舞台「FAKE MOTION -卓球の王将-」製作委員会

さまざまなメディアミックスプロジェクトの展開を予定している「FAKE MOTION -卓球の王将-」。
“シーズン1”として世に放たれたプロジェクト第1弾・ドラマ『FAKE MOTION  -卓球の王将-』を、4 月より日本テレビにて放送を開始。このたび、”シーズン2”と銘打って、今年7月に東京・神戸にて舞台『FAKE MOTION -卓球の王将-』を上演する。

“シーズン1”にて【東】の高校生たちの熱い戦いが描かれ、”シーズン2”では「卓球戦国時代」と化した大阪を舞台に、【西】の高校生たちが激しいピンポンバトルを繰り広げる。

そんな【西】の高校生たちを演じるのは、舞台、映画、テレビドラマなど多岐に渡って活躍している荒牧慶彦を筆頭に、染谷俊之、玉城裕規、廣瀬智紀、定本楓馬、田村升吾ら実力派キャストが揃い踏みし、さらにONE N’ ONLY など恵比寿学園男子部『EBiDAN』のフレッシュなメンバーが脇を固める。

演出を『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage で知られる植木 豪が手がけ、マルチクリエイターまふまふがプロデュースし、大きな反響を呼んだ”シーズン1” のドラマ主題歌「FAKE MOTION」が、”シーズン2”では舞台キャストが歌唱する新たな「FAKE MOTION」として生まれ変わる。舞台『FAKE MOTION -卓球の王将-』に期待が集まる!

【イントロダクション】
世は空前の卓球ブーム。
リズミカルな音を奏でる世界最速の球技に人々は敬意を払った。
トレンドの中心は卓球。
高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく……卓球の勝敗。
卓球の強い高校は、部員のみならず神の様に崇められた。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極める。
卓球ランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従。
誰かがこの時代を、こう呼んだ——。
——『卓球戦国時代』と。

【公演情報】
舞台『FAKE MOTION -卓球の王将-』
原案 汐留ヱビス商店街「FAKE MOTION -卓球の王将-」
脚本 小山正太
演出 植木 豪
主題歌 「FAKE MOTION」(まふまふプロデュース)
キャスト
<天下布武学園>
織田佐之助役:荒牧慶彦
今川義富役:廣瀬智紀
斯波真一役:定本楓馬
明智十兵衛役:草川直弥
滝川 勝役:森田桐矢
丹羽秀樹役:山縣悠己
<謙信ソルト電子工学院>
上杉天真役:染谷俊之
北条忠則役:田村升吾
直江智弘役:山下永玖
柿崎 仁役:上村謙信
宇佐美礼一役:高尾颯斗
甘粕信太郎役:沢村 玲
山浦孝之役:関 哲汰
<信玄明王高校>
武田不動役:玉城裕規
真田 空役:志村玲於
真田 海役:岡本侑樹

●7/2~10◎東京 品川プリンスホテル ステラボール
●7/17~26◎神戸  AiiA 2.5 Theater Kobe
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、公演実施を含めて変更になる場合もございます。
また、チケット販売に関しては決定次第、公式サイトにてお知らせいたします。
〈公式サイト〉 https://www.fakemotion.jp/
〈公式Twitter〉 https://twitter.com/fakemotion_pj
〈公式Instagram〉 https://www.instagram.com/fakemotion_pj/

©汐留ヱビス商店街 ©舞台「FAKE MOTION -卓球の王将-」製作委員会

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

『Mirai Performing Arts Fund』公式HPオープンと「Mirai CHANNEL」開始!
新国立劇場「巣ごもりシアター」新作オペラ『紫苑物語』を配信スタート
花組芝居『地獄變』7月公演中止と来年1月への延期のお知らせ
本多劇場が6月1日から営業再開、無観客で一人芝居『DISTANCE』有料生配信
観劇三昧【2020年4月】ラインナップ

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト