お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

岡田将生主演『ハムレット』シアターコクーンにて開幕!

Bunkamura シアターコクーンにて『ハムレット』公演が、5月9日、初日を迎えた。(6月2日まで。大阪公演もあり)

シアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で臨む“DISCOVER WORLD THEATRE”シリーズの第6弾で、今回はシェイクスピア四大悲劇の一つである名作『ハムレット』を上演。
演出を手掛けるのは、ロンドンを拠点に活動し、現在ロイヤル・ナショナル・シアターのアソシエイトディレクターを務め、2019年8月からはワシントンD.C.に拠点を移し、Shakespeare Theatre Companyの芸術監督を務める気鋭の英国人演出家サイモン・ゴドウィン。ナショナル・シアターが選んだ傑作舞台を各国の映画館で上映するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライブ」で、日本でも公開された、レイフ・ファインズ主演『人と超人』の演出家としても知られている。
また、ゴドウィンが最も信頼し、ともにシェイクスピア劇の構築を重ねてきたトニー賞ノミネートの美術・衣裳デザイナー、スートラ・ギルモアがタッグを組み、ダークファンタジーな舞台を描き出す。

主人公ハムレットを演じるのは、初舞台の『皆既食』(14年)以来、『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』(16年)、『ニンゲン御破算』(18年)と、縁のあるシアターコクーンで確かな演技力を発揮してきた若手実力派、岡田将生。
そして、記念すべきDISCOVER WORLD THEATREシリーズ第1弾『るつぼ』(16年)で強烈な存在感を放った女優・黒木華が、オフィーリア役で再びシアターコクーンの舞台に挑んでいる。また、ハムレットの母親王妃ガートルードに松雪泰子、復讐に燃えるレアーティーズに青柳翔、ノルウェー王子フォーティンブラスに若手大注目株の村上虹郎、ポローニアスに山崎一、クローディアスに福井貴一といった実力派ベテラン陣と話題のキャストが集結。さらにホレイシオに竪山隼太、劇中妃に秋本奈緒美をはじめ、ゴドウィンがワークショップで選出した個性豊かな俳優たちが集結。魅力溢れる舞台を作り上げている。

【あらすじ】
デンマークの王子ハムレットの父王が急死。その2ヶ月足らずの後に、新国王となった王の弟クローディアスとハムレットの母・王妃ガートルードが再婚した。
父の死と早過ぎる再婚により憂いに沈むハムレットのもとへ、腹心の友・ホレイシオが父王にそっくりの亡霊が、城壁の上に現れたと知らせにくる。真相を確かめるべく出かけたハムレットの前に現れた亡霊が「私はクローディアスに毒殺された」と告げる。
クローディアスへの復讐を誓ったハムレットは、周囲の目を欺くため狂気を装う。その突然の変貌ぶりに憂慮するクローディアスとガートルードに、顧問官ポローニアスは、その原因を娘オフィーリアに対する恋煩いだと言う。狂気の真相を探ろうと、一同は偶然を装い二人を出会わせるが、ハムレットは心配するオフィーリアを冷たく突き放すのだった。
やがて、ハムレットが亡霊の言葉が真実であったと確信を得たその夜。ガートルードの寝室に呼ばれるが、母と口論になり、物陰で身を潜めていたポローニアスを刺殺してしまう──。
この事態に身の危険を感じたクローディアスはハムレットをイングランドへ送り出す。悲しみのあまりオフィーリアは狂乱し、復讐に燃える兄・レアーティーズは父の仇を討つことを誓う。
その頃、討たれた父の土地を奪還する為、ノルウェーの王子・フォーティンブラスの軍隊がポーランドへ侵攻しようとしていた。

この公演の初日を迎えたハムレット役の岡田将生とオフィーリア役の黒木華よりコメントが到着した。

【コメント】

岡田将生
──初日を迎えるにあたり、現在の心境をお聞かせください。
このハムレットが皆様の目にどう映るかが楽しみで、早く観て頂きたいです。ハムレットという役はとても難しく、自分自身どうなるか、ちゃんと演じる事ができるか、恐い所ところもあるのですが、今は早くハムレットを演じた気持ちでいっぱいで、皆様に早く観て欲しいです。
──お客様へ向けてPRコメントをお願いいたします。
シェイクスピアというとすごく難しく思われる方が多いと思いますが、今回の『ハムレット』はとてもわかりやすく、このカンパニーでしか作れない『ハムレット』になっていると思います。新しい『ハムレット』、ぜひ楽しみに待っていて下さい。裏切ることは絶対にしません。

黒木華
──初日を迎えるにあたり、現在の心境をお聞かせください。
私にとって初めてのシェイクスピア作品となる『ハムレット』を、このカンパニーで上演できる事を心から嬉しく思います。サイモンさんの演出は、役の深部まで一緒に探ることができ、新たな発見の連続で面白く、毎日勉強になっています。初日を迎え、この物語ならではの面白さを皆様にも感じていただけるのが楽しみです。
──見どころをお願いいたします。
稽古中から日々感じていますが、それぞれの意図が絡み合い、影響し合いながら進んでいくところが見どころです。是非、見逃さずに全てのキャラクターを観ていただけたらと思います。

 

【公演情報】
Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.6
『ハムレット』
作◇ウィリアム・シェイクスピア
演出◇サイモン・ゴドウィン
出演◇岡田将生、黒木華、青柳翔、村上虹郎、竪山隼太、玉置孝匡、冨岡弘、町田マリー
薄平広樹、内田靖子、永島敬三、穴田有里、遠山悠介、渡辺隼斗、秋本奈緒美
福井貴一、山崎一、松雪泰子
●5/9~6/2◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)
●6/7~11◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉11,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/19_hamlet/

 

【舞台撮影:細野晋司】

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

葛藤とすれ違いの人間ドラマが紡がれる新作舞台『黒白珠』松下優也×青木豪×河原雅彦 インタビュー
動物電気 2019年初夏公演『ブランデー! 恋を語ろう』政岡泰志×春風亭昇太 インタビュー
三浦春馬×生田絵梨花『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』追加キャスト決定! 
杉浦タカオプロデュース『FATALISM≠Another story』メインビジュアル発表!
PARCOプロデュース2019 舞台『転校生』オーディションで選ばれた男女42名が決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報