お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

山本一慶・橋本真一・井上希美の3人で届けるミュージカル・コメディ『ラヴ』3月に上演!

オフ・ブロードウェイの名作ミュージカル『ラヴ』が、3月24日~28日、東京・六行会ホールにて上演される。

本作『ラヴ』は登場人物が3人だけのコメディミュージカル。元々はブロードウェイのブース劇場で、1964年から3年に渡りロングランを達成したストレートプレイとして誕生、日本では1966年に東宝現代劇公演として上演された。その後、ストレートプレイからミュージカル化し、オフ・ブロードウェイで上演されたものを、日本では1994年に西城秀樹×市村正親×鳳蘭の顔合わせで上演され話題になった。

【物語】
舞台は常に橋の上。
ハリー(橋本)はボサボサでヨレヨレの浮浪者で、まさに橋から身を投げようとしていた。
そこにやって来たのはエリートサラリーマンのミルト(山本)。 彼はくず籠に顔を突っ込み古物あさりを始めた。
実は2人は大学時代の親友同士、橋の上の衝撃的な再会で幕を開ける。
キーワードは『愛』。
ミルトはハリーに言う、『君の人生には愛がないから不幸なんだ』と。
実はミルト、不倫の愛を現在進行中で妻と離婚できないかと画策中だった。
ミルトはハリーに自分の妻を押し付けることを思いつく。
そこに妻・エレン(井上)が登場、ハリーとの愛のない生活を問い詰めるのだった。
かくして役者は揃い、現代人の絶望が、愛の不毛が、日運と空虚が、徹底的なファルスの材料として利用され、抱腹絶倒の悲劇が展開する。

橋本真一

山本一慶

井上希美

ハリー役には多くの舞台や映画などで活躍中の橋本真一。ハリーの学生時代の親友・ミルト役には、数々の舞台に出演し、昨年から演出家としても活躍している山本一慶。そしてミルトの妻エレン役には劇団四季出身、近年は連続テレビ小説『エール』藤丸役で注目を集めている実力派、井上希美が決定。この3人が巻き起こす、抱腹絶倒の大人の悲劇とは!?

また演出には宮川安利、音楽監督・ピアノ演奏にはフランスで数々の賞を受賞しているピアニストの宮川知子という姉妹が挑む。1994年の上演当時、本作の音楽監督だった日本を代表する音楽家・宮川彬良氏を父に持つ2人と、若手俳優のコラボレーションで次代につなぐ企画となる。さらに当時のプロデューサーであった笹部博司が監修という立場でサポート、最高の顔合わせでトライアル公演を届ける。

【公演情報】
ミュージカル『ラヴ』(原題:WHAT ABOUT LUV? )
台本:ジェーフリー・スウィー
作曲:ハワード・マーレン
作詞:スーザン・バーケンヘッド
演出:宮川安利
音楽監督・ピアノ演奏:宮川知子
監修:笹部博司
出演:山本一慶・橋本真一、井上希美
●3/24~28◎六行会ホール(※50%の収容人数で上演)
〈料金〉S席8,800円 A席6,600円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般前売〉2月15日10時開始
〈お問い合わせ〉アーティストジャパン 03-6820-3500 https://artistjapan.co.jp/

記事を検索

観劇予報の最新記事

脚本家・坂元裕二の作品を豪華出演者で届ける「坂元裕二 朗読劇 2021」
新感覚の演劇体験 「VR演劇」『僕はまだ死んでない』ウォーリー木下 コメント到着!
劇団☆新感線41周年春興行 Yellow⚡新感線『月影花之丞大逆転』初日開幕!
宮﨑駿の不朽の名作をジョン・ケアードが舞台化する『千と千尋の神隠し』来年2月・3月に帝劇で世界初演!
『魔界転生』のゆかりの地を天草四郎役・小池徹平&演出・堤幸彦が訪問!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報