お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

山本一慶・如月蓮・北村有起哉の出演で朗読劇『さらば黒き武士』東京・大阪で上演!

織田信長の生涯とその美学を、森蘭丸のモノローグ形式で綴る傑作歴史短編小説「さらば黒き武士(もののふ)」、その作品が朗読劇『さらば黒き武士』として、10月に東京・大阪にて上演される。

戦国時代にサムライとなったアフリカ人・弥助(ヤスケ)の物語を、実力派俳優たちが紐解いていく。
織田信長に北村有起哉、森蘭丸に山本一慶、そして、弥助が淡い恋心を抱く女性、くの一の村雨に如月蓮という3名の顔合わせが実現した。

演出は昨年、音楽劇『ハムレット』で新たな世界を作り出して魅了した藤間勘十郎(宗家藤間流 八世宗家)。望月実加子の鳴物で絢爛たる安土桃山の時代を、文学・音楽・舞の融合で格調高く匂い立つ朗読劇として届ける。

山本一慶

如月蓮

北村有起哉

【あらすじ】
天正九年(1581)二月――森蘭丸は主君・織田信長の許を訪ねた宣教師に連れられた黒い従者に出会った。
日本で親しまれやすくするために「ヤスケ」と名付けられたこの黒人を大層気に入った信長は、彼を宣教師から譲り受けると、名を「弥助」と改め、召し抱えることとした。
これよりは汝は武士ぞ。励め」と声をかける。 ここに「黒き武士」が誕生したのだ。
弥助に馬術や武芸、武士の作法や信長に仕える心得等を教えるよう命じられた森蘭丸は、弥助との交誼を重ねてゆく。
ある夜、信長を襲った忍者の中に、見知った瞳を見た弥助。それは日本に渡る船の中で出会った混血の少女のものであった。
言葉を交わしたわけではないが、いつしか激しく惹かれあう二人。 船が着けば終わりの来る淡い恋心。
別れて数年、伊賀のくノ一・村雨となった女と、敵味方となっての再会であった。
信長への忠心と友情で固く結ばれた蘭丸と弥助であったが、現世は真に無常である――天正十年六月二日、本能寺で明智光秀の急襲を受けた信長・蘭丸・弥助の三人、そして村雨は紅蓮の炎の中、
それぞれ別れを告げてゆく……

【公演情報】
令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加公演
朗読劇『さらば黒き武士』
上演台本:岡本さとる(原作 光文社刊)
演出:藤間勘十郎
出演:
山本一慶 如月蓮 北村有起哉
鳴物:望月実加子
●10月24日◎大阪 メイシアター中ホール
●10月31日◎東京 浅草公会堂
〈料金〉9500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般前売開始〉9月16日(水)10時~
〈お問い合わせ〉アーティストジャパン  03‐6820‐3500
浅草公会堂 03-3844-7491(9:00~17:00)  ※東京公演のみ取扱い
〈チケットWEB申込〉https://artistjapan.tstar.jp/
〈公式サイト〉 https://artistjapan.co.jp

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

当り役で8ヶ月ぶりの舞台!「十月大歌舞伎」松本白鸚 取材会レポート
マームとジプシー『てんとてん』間もなく東京公演開幕!
佐野瑞樹&佐野大樹&山本亮太、WBB第17回公演『川崎ガリバー once again』が開幕!
三谷幸喜 作・演出 シネマ歌舞伎最新作『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』完成披露上映会開催レポート
鞘師里保が再びリリーを演じるshared TRUMP シリーズ 音楽朗読劇『黑世界』開幕!レポート到着

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト