お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

南原清隆と近藤芳正の舞台『あんまと泥棒』開幕!

南原清隆と近藤芳正が疲れた気持ちを解きほぐす温かい笑いを届ける舞台、『あんまと泥棒』が11月27日、下北沢の本多劇場にて開幕した。(29日まで)

『あんまと泥棒』は、業突く張りな盲目のあんまと、あんまの元に忍び込んだ人のいい泥棒による人情喜劇で、1951年にNHKのラジオドラマとして放送されたのち、故中村勘三郎たっての希望で1966年に舞台化された。

これを、2019年に気鋭の劇作家・演出家の倉持裕が脚色・再構築し、南原清隆・近藤芳正という豪華な顔合わせで、たった1日限り2回公演として、愛媛県の伝統ある劇場・内子座にて上演した。

近藤演じる泥棒稼業に身をやつしているが実は気のいい泥棒・権太郎と、南原演じるあんまの仕事の裏で高利貸しを営み小金を貯め込んでいるらしいしたたかな秀の市。あんまと泥棒二人の軽妙な会話のやりとりが、日本の伝統的な芸術の歌舞伎や狂言にも通じる空気を生み出し、さらに倉持の笑いのセンスを加味した現代的な演出で、どの時代にも通じる普遍的な喜劇として甦った。

この、幻ともいわれる2人芝居が、倉持による脚色・演出、出演に南原と近藤という同じ顔合わせで、演劇の街・下北沢の本多劇場にて復活した。

その初日を迎えて南原清隆、近藤芳正のコメントが届いた。

近藤芳正 南原清隆

南原清隆
近藤さんは顔が広くて、プロデュース能力もとても高いのでずっと頼りっぱなしで、僕は好きにやらせてもらっています(笑)。前回の公演をした内子座は大正時代から建つ歴史のある小屋で、夜が明けるシーンは実際にカーテンを開けて光を入れるような小屋ならではの演出をしたり、桟敷へ降りて地元の人と交流したりと、芝居の原点のような場所での公演でした。今回は小屋の造りも違いますし、このような状況でもあるので、ここ本多劇場用の、現代に合わせた芝居を創っています。この状況下でできることを探しながらやっていく中で、日常のありがたみや、人と人との絆の大切さに改めて気づきました。今だからこそ、観てくださった方々がほっこりと笑って明るい気持ちになってくださればいいなと思います。今回は配信もありますので、ぜひチェックしてください!

近藤芳正
ナンチャンには4‐5年前、僕が芝居のプロデュースをしたときに脚本を書いてもらい、出演もしてもらいました。役と素の出入りがスムーズにできる人だなあと、大好きになり、また、狂言もやっておられたので、内子座公演の話がでたときにぱっと頭に思い浮かび、声を掛けました。内子座は木造だったので、お客さんの笑い声や拍手が木から伝わって、鉄筋造りの小屋とは違った一体感が感じられとても楽しかったです。また旅小屋でもやりたいという話もしていたんですが、今年は思ってもないことが起きて……。ですが、落ち込むよりも前向きに楽しみたいと思っています。約2年ぶりにナンチャンと一緒に演る今回、コントのような部分もある楽しい芝居の人情喜劇です。今の世知辛い世の中、少しでも笑ってもらえたらうれしいです。お待ちしております!


【公演情報】
M&Oplaysプロデュース『あんまと泥棒』
脚本:村上元三
脚色・演出: 倉持裕
出演: 南原清隆 近藤芳正
●11/27~29◎本多劇場
〈料金〉5,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈公式サイト〉http://www.morisk.com
〈お問い合わせ〉M&O plays 03-6427-9486(平日11:00~15:00)

【配信情報】
日時:11月29日(日)13時公演 収録を配信
配信限定特典:ヴィレッヂ代表・細川氏司会による南原清隆×近藤芳正×倉持裕スペシャル座談会
視聴期間:12月9日(水)12時~12月15日(火)23:59まで
視聴券販売期間:12月15日(火)22:00まで購入可
視聴券販売URL:https://eplus.jp/anma-streaming/ (ご購入にはイープラスの会員登録が必要です。)

記事を検索

観劇予報の最新記事

道枝駿佑の初単独主演舞台『Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-』のオールキャストなど詳細が決定!
大和田獏、島田歌穂らが出演のトム・プロジェクト プロデュース『モンテンルパ』開幕!
加藤シゲアキの主演で『モダンボーイズ』4月に上演!
聴覚と視覚で想像の翼を広げた、朗読で描くミステリー『シャーロック・ホームズ~特別なあのひと~』
「忠臣蔵 討入・る祭」舞台映像&振り返・るトーク配信!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト