お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

前代未聞の“シラノ”古川雄大×谷 賢一『シラノ・ド・ベルジュラック』ビジュアル公開!

古川雄大×谷 賢一によるマーティン・クリンプ脚色版『シラノ・ド・ベルジュラック』が、2022年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールにて、日本初上演される。

『シラノ・ド・ベルジュラック』は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪で、自由と勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも、一人の女性を慕い続けた壮麗で高潔無比なシラノの永遠の愛の物語は1897年に初演されて以降、世界各地で上演が繰り返され、幾度となく映画化・ミュージカル化されており、シラノの生き様や心意気はたくさんの人を魅了してきた。

今回上演される『シラノ・ド・ベルジュラック』は、ロンドンのプレイハウス・シアターで、2019年秋~2020年、ジェイミー・ロイドの演出によって上演され、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされたもので、ミニマムな衣装と舞台セット、ラップやボイスパーカッションで気持ちを綴る…といった前代未聞の全く新しい『シラノ・ド・ベルジュラック』となって、大きな話題を呼び、英国演劇界最高峰の賞といわれているローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞した。今回はこの世界中から大絶賛された、マーティン・クリンプ脚色版の傑作の日本で初上演となる。

本作で“永遠の愛に殉ずる男”シラノ・ド・ベルジュラック役に挑むのは古川雄大。このたび解禁されたビジュアルは、古典的なイメージとは打って変わって、飾らない服装でとてもスタイリッシュなシラノとなっている。

演出の谷曰く、“言葉で戦う演劇”である本作、言葉で愛し、言葉で争う、現代的な「シラノ・ド・ベルジュラック」に期待が募る!

【公演情報】
『シラノ・ド・ベルジュラック
作:エドモン・ロスタン
脚色:マーティン・クリンプ
翻訳・演出:谷 賢一
出演:シラノ・ド・ベルジュラック 古川雄大
ロクサーヌ   馬場ふみか
クリスチャン 浜中文一
リニエール   大鶴佐助
ル・プレ    章平
ド・ギーシュ 堀部圭亮
マダム・ラグノ 銀粉蝶

●2022/2/7~20◎東京芸術劇場 プレイハウス
※2⽉7⽇(月)はプレビュー公演(P)
〈料金〉通常10,500 円 プレビュー9,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125(平日10:00~18:00)
〈公式サイト〉https://www.cyrano.jp/
●2022/2/25~27◎大阪 COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール
〈料金〉11,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00 日・祝休業)

〈一般発売日〉12月26日(日)
〈チケット取り扱い〉近日公開
〈公式サイト〉https://www.cyrano.jp/

記事を検索

観劇予報の最新記事

殺人事件をテーマに坂本昌行と海宝直人が躍動するミュージカル『MURDER for Two マーダー・フォー・トゥー』上演中!
稲垣吾郎のミュージカル・コメディ『恋のすべて』チラシビジュアル公開!
日本総合悲劇協会『ドライブイン カリフォルニア』阿部サダヲ、麻生久美子、谷原章介らの出演で上演!
近藤芳正 Solo Work『ナイフ』まもなく開幕! 近藤芳正インタビュー
えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました! 2022!「今年は★◎☀♫だ!」vol.1

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報