お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

今泉佑唯主演の『あずみ~戦国編~』全キャスト発表!

今泉佑唯 が、四代目「あずみ」に挑戦する『あずみ~戦国編~』の全キャストが発表された。

本作品は 2003 年と 2005 年と2度映画化され、上戸彩が「あずみ」を演じ、舞台版では 2005 年黒木メイサが明治座で最年少座長の記録を作っている。2016 年には川栄李奈主演で上演され、絶賛のうちに幕を閉じた。そして今回、今泉佑唯が四代目としてまた新たな「あずみ」を演じる。

今泉あずみを支えるために、今回の『あずみ~戦国編~』には、今、日本で最も注目を集める若手キャストが集結した。

あずみとともに運命を共にする忍び「うきは」には瀬戸利樹。 2014 年『弱くても勝てます』で俳優デビュー。その後も『仮面ライダーエグゼイド』にて天才外科医鏡飛彩役や、『偽装不倫』でピンク髪のプロボクサー役を演じて注目を集め、2020 年新春から映画『カイジファイナルゲーム』『シグナル100』の公開、ドラマ『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』など控えている期待の新鋭、瀬戸が本格的舞台に初挑戦する。

この物語の語り部として活躍する飛猿には、『熱海殺人事件』で 3年連続主演を務め、ドラマ『教場』出演も話題の味方良介。豊臣秀頼には『ミュージカル・テニスの王子様』『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』などに出演した神永圭佑。あずみの命を狙う最強の剣士最上美女丸には『新・幕末純情伝 FAKE NEWS』『デルフィニア戦記』などに出演の小松準弥。

さらに、あずみを育てた老師月斎には山本 亨が扮し、再び鮮やかな剣さばきを見せる。他にも、数多くのつか作品に出演しているつかこうへい劇団出身の吉田智則、数々の映画やテレビドラマ等に出演、舞台『化粧二題』等にも出演するなど、多彩な活躍を続ける女優有森也実 が物語を引き締める。

演出は、初演と同様『新・幕末純情伝』『熱海殺人事件』などの演出のほか、プロデューサーとしても多数のヒット作品を世に送り出している岡村俊一が手がける。

原作は第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆうの人気漫画「あずみ」。1994年から2008年にかけて小学館「ビックコミックスペリオール」にて連載された人気漫画で、単行本は全48巻までで累計1,000万部以上を売り上げている。「あずみ」がこれほどまでに支持されているのは、10代の幼い少女がたったひとりで戦乱の世に、身を投じ、幾多の危機に合い続けながらもそれを次々と切り抜けていくスピード感と、性的表現が過激でありながら清廉で暖かいユーモアを含んでもいるところだろう

【あらすじ】
時は戦国。人々の心は荒れ、野は焼けただれ、国はその形をもはや失いつつあった。
その戦国の世に、刺客として育てられた美しい少女、あずみが姿を現す。
あずみは10人の仲間と共に人里離れた山奥で、天下泰平のために、不穏な動きをする勢力を摘みとるための刺客として育てられた。だが、あずみたちは自らの運命を知らぬまま、戦国の乱世に身を投じてゆく・・・

「来るな!来れば斬る!」
「言っておくが…俺は強いよ…」
激動の戦国時代を、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男達に立ち向かい、たったひとりで強く生きていく少女あずみを演じる今泉佑唯の姿は、現代日本に新たな希望の光をもたらしてくれるに違いない。

【公演情報】
『あずみ~戦国編~』
原作:小山ゆう(「あずみ」小学館刊)
構成・演出:岡村俊一
出演:今泉佑唯/瀬戸利樹/味方良介 神永圭佑 小松準弥/吉田智則
久保田創 河合健太郎 富岡晃一郎(友情出演) 松本有樹純 濱田和馬 久道成光(劇団4ドル50セント) 桑畑亨成(イケ家!) 藤栄史哉 宮川康裕 大岩剣也 尾形歩南
山本 亨/有森也実
●2020/3/14~28◎東京・Bunkamura シアターコクーン
〈料金〉S席 10,500円 A席 8,500円 コクーンシート 5,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
●2020/4/4・5◎大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール
〈料金〉10,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット一般発売〉2020 年1月26日(日)
〈お問い合わせ〉
東京公演 Mitt 03-6265-3201(平日 12:00~17:00)
大阪公演 キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
〈公式HP〉http://rup.co.jp/azumi_sengoku_2020.html

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト