お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

中津留章仁の新作、TRASHMASTERS vol.35『ガラクタ』11月に上演!

中津留章仁が作・演出するTRASHMASTERS vol.35『ガラクタ』が、本年11月19日~28日、下北沢駅前劇場にて上演される。その内容についてメッセージが届いた。

【『ガラクタ』について】
TRASHMASTERSと中津留章仁は、常に作品を通じて、社会問題を背景に、価値観の異なる人間同士が生きていく為の心理と方途に迫るテーマに沿った創作劇をしています。
2021年2月に上演された『堕ち潮』では、昭和の反戦思想及び、選挙権のない在日韓国人との交流について、戦後の処理や身内の選挙戦に翻弄される家族を通して描くことで、観客に考える余地を与えうる十分な材料を提供できたと考えている。また戦争は、それを体験していない子供の代まで深く影響を及ぼしてゆくといった戯曲の構成を用いたことで、戦争の悲惨さを改めて観客に伝え、今後の日本が同じ過ちを繰り返さぬようどうしてゆけばいいか、観客に思考を促すことにも成功した。

今回、大きく取り上げるのは「分断」についてである。
近年、社会において「分断」という言葉を目にする機会が多い。通常「分断」の対義語は「統一」や「統合」であるが、あるメディアは「分断」の対義語を「寛容」だと表現した。「分断」の解釈にも多様性が生じていると謂えるが、言い換えるならば「分断」の解釈それ自体が「分断」していると謂えるかもしれない。それだけ「分断」の存在は、わたしたち現代人の深層心理まで浸透しており、「分断」そのものを問題視すること自体、不毛な作業であると捉えるものもいる。そもそも、この「分断」は一体なぜ生まれ、その正体は一体何なのだろうか。また、現代社会を生きるわたしたちは「分断」と如何に向き合うべきか。今作を通して、それを考察してみたいと思う。

本作上演の目標としては以下の三点である。
第一に、「分断」の構造を描き、問題点を浮き彫りにすることで、観客の「分断」への問題意識を高めることである。
第二には「分断」の特徴である他者を理解ぜず相容れない人間の心理をなど、言葉の観点やコミュニケーションの観点などから会話劇として立ち上げる。これにより、人間個人の中に潜む「分断」が、現代人の深層心理まで深く浸透している様を鋭く描くことが出来、「分断」と現代人の心理との依存関係を描く。
また、第三の目標として、「分断」の問題点に言及するだけでなく、改善していくために必要なこと、「分断」しないために出来ることなどを、作品を通じて提案したいと考えている。また演劇だけでなく他ジャンルの方々と連携してこの問題に取り組む事で、芸術の素晴らしさと市民運動の重要性を伝えてゆきたい。

本作上演に伴う、社会への波及効果として以下を上げる。
コロナ禍により演劇界全体が苦しんだ。主宰の中津留はその最中、繰り返し議員会館に足を運び、映画や音楽等の他ジャンルの芸術家たちと共に、芸術界全体の危機的状況と解決策などを国会議員に伝える活動を続けた。後にWeNeedCultureという大きなムーブメントとなり、文化庁に560億円の予算がつく原動力のひとつとなった。芸術家たちの問題意識から起こった市民運動が少なくとも政治という場へ伝わることがわかった。今後も、芸術家たちが提案する市民運動が、少しづつでも社会を変える原動力に成ることを市民に理解していただくことを追求したい。「分断」への高い意識を持つ他ジャンルの方々と共に、市民にとって芸術が如何に重要であるかを再認識してもらう機会としたい。

更に、本作では新型コロナウイルス感染症対策の観点から、劇場外への作品提供を目的とした、上演映像の配信を予定している。これはコロナ禍の為に劇場に来ることが出来ない地方在住の顧客や、感染症対策により客席が制限されることで入場出来ない顧客に向けた、顧客維持、確保のための事業である。
その為、上演映像だけではなく、出演者が上演映像を観ながら行うオーディオコメンタリー等の特典映像の配信を予定している。

【公演情報】
TRASHMASTERSvol.35『ガラクタ』
作・演出: 中津留章仁
出演:星野卓誠、倉貫匡弘、森下庸之、長谷川景(以上TRASHMASTERS)
みやなおこ、石井麗子、岩井七世
●11/19~28◎下北沢駅前劇場
〈料金〉前売4,800円 当日5,000円 U25[25才以下]2,500円 リピーター割3,800円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈劇団予約〉https://www.quartet-online.net/ticket/trash
〈公式サイト〉http://www.lcp.jp/trash/next.html
〈公式Twitter〉https://twitter.com/Trash_info

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

ミュージカル「忍たま乱太郎」第12弾『忍術学園学園祭2021』尼崎で初日!
京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が開幕!
話題の韓国ミュージカル日本版 Dramatico-musical『BLUE RAIN』」待望の再演! 
『夜想曲─ノクターン─』本日開幕! 東山義久×北翔海莉インタビュー
西田大輔による新作オリジナル舞台『MOTHERLAND』ー始皇帝暗殺ー、開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報