お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

中山優馬主演×小川絵梨子演出、舞台『ダディ』日本語版初上演が決定!

今最も注目される米国演劇界の新星、ジェレミー・O・ハリスの劇作『ダディ』が日本初上陸。中山優馬主演×小川絵梨子演出で、7月9日~27日に東京グローブ座、8月5日~7日にはCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演されることが決まった。

昨年のトニー賞を席巻した新進気鋭の劇作家、ジェレミー・O・ハリスは、昨年開催された第74回トニー賞で、ストレートプレイでは最多となる12部門にノミネートされた『Slave Play』の脚本を手がけ、大きな話題となり、米国の演劇界で一躍脚光を浴びる存在となった。

本作『ダディ』は『Slave Play』以前に書かれた作品で、2019年に映画『チョコレート・ドーナツ』等でも著名なアラン・カミングら米国の実力派の俳優陣により、オフ・ブロードウェイのヴィンヤード劇場で初演。人種、セクシュアリティ、家族、格差社会、モラル、アイデンティティといったテーマをリアルな会話で鋭く描き、大胆で刺激的な内容が非常に魅力的だと話題が沸騰。コロナ禍で延期していたロンドンでの初上演もまもなく開幕を迎えることとなり、そして遂に日本での待望の初演となる。

日本語版の演出は、海外作品の翻訳から演出まで手がけ、その精緻な演出に定評のある新国立劇場芸術監督の小川絵梨子。

キャストには、主人公のアフリカ系アメリカ人のアーティストであるフランクリン役に、数々の話題作で幅広い役柄をこなし、近年では『ゲルニカ』や『偽義経冥界歌』などでの好演が光る中山優馬。小川演出作品には初参加となる。

フランクリンのパトロンで、年上の美術コレクターのアンドレ役に、文学座出身で実力派ベテラン俳優の大場泰正。フランクリンの友人であり青年俳優のマックス役には、『リチャード二世』での演技や『両国花錦闘士』での主役抜擢で一躍注目された原嘉孝。また2017年から俳優への道をまい進、『バレンタイン・ブルー』での主演、『ネバー・ザ・シナー』での好演も高く評価される前島亜美がSNSインフルエンサーのベラミー役。実力派俳優の長野里美がフランクリンの才能を見出すアートディーラーのアレッシアを演じる。また谷口あかり、菜々香も参加。

さらに、第27回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した演技派の神野三鈴が、敬虔なクリスチャンで気難しいフランクリンの母親・ゾラ役に決定。
小川絵梨子演出とこの実力派俳優陣の組み合わせで、今最も先鋭的と言われるジェレミーの劇作をどのように構築していくだろうか。

《STORY》
若いアフリカ系アメリカ人のアーティストであるフランクリン(中山優馬)は、LAに住むセレブの初老アートコレクターであるアンドレ(大場泰正)に出会い、その魅力に抗えず、二人は熱い関係を深めていく。フランクリンの友人で駆け出しの俳優、マックス(原嘉孝)やインフルエンサーのベラミー(前島亜美)、そしてフランクリンの才能を見出すアートディーラーのアレッシア(長野里美)は二人の関係に関して黙認するが、クリスチャンでこうるさいフランクリンの母親、ゾラ(神野三鈴)は、自分の息子が危険にさらされていると疑いを持つ。そして、彼女は彼ら二人の関係を崩そうとアンドレを追い詰めていくのだが・・・。

【コメント】
中山優馬
非常に繊細な作品だと思います。色々な刺激に満ち溢れた作品で、今までの自分が体験した事のないであろう世界に出会える気がしています。この作品が皆様に届く頃には、小川絵梨子さんの演出のもとどんな自分に出会えるのか、どんな作品になるのか?今からとても楽しみです。コロナウイルスが引き続き猛威を振るう中、万全の対策のもと稽古に励みたいと思います。ぜひ劇場で見届けて下さい。

大場泰正
『ダディ』日本初演に参加できることを大変嬉しく思っています。
登場人物達のあいだに、また彼らと私自身とのあいだに、どのような「愛」が成り立ちうるのか?
理解することなどできない存在だからこそ、なおさら繋がりたい、出会いたい。
『ダディ』」という作品世界の海に、素っ裸で飛び込んでいこうと思います。

原嘉孝
人種差別、セクシュアリティ、政治が生む人間ドラマを生々しく、よりリアルに表現でき、お客さんにお届けできるのが舞台の素晴らしさの1つだと思います。
そんな作品が、ニューヨークのオフ・ブロードウェイから日本にも上陸しましたよ!
いまから稽古場がすごく楽しみです!
是非劇場へお越しください!

前島亜美
ベラミー役の前島亜美です。この作品に携われること、出会いに心から感謝しています。
アートに関わる人物が多く登場しますが、作品の根本的なテーマは、日常を生きる私たちにとっても身近なものであると感じました。『ダディ』という作品の美しさ、芸術を理解していけるよう学び、愛や痛みについてもしっかり目を向けていきたいと思います。
プールの周りで起こる物語へ“とにかく飛び込んでみる”気持ちを大切に、頑張ります。

谷口あかり
様々な人物の、表と裏、喜びと悲しみ、それぞれの叫びが入り乱れる作品。影のシンガーと言う役は物語を大きく動かすことはありませんが、光にも闇にもなり、その場の空気感を作っていったり、誰かの心を代弁しうる存在なのかなと思っています。素晴らしい共演者の皆様の中、この作品の彩りになれるよう、楽しみながら挑戦していきたいと思っています!皆様に劇場でお会い出来るのを楽しみにしております!

菜々香
この度、影のシンガー役を務めさせていただきます。
今回、『ダディ』が日本初上演の作品という事で、携わることが出来て、とても光栄に思います。LGBTがテーマになっている作品が増えている中で、私自身も考える事や感じる事が多くなっていました。その中で今回のこの作品のお話があり、とても興味深く感じました。私が演じる役は、フランクリンをはじめとする登場人物の魂として歌うのですが、私にとって初の試みになります。これから稽古を通してお客様に何を伝えられるのか、キャストの皆様と作品を深めていくのが楽しみです!
皆様是非、劇場でお待ちしております!

長野里美
何から何まで初めて逢うタイプの作品です。たぶん、ビジュアル的に見たことのないような刺激的なものになるのではないかと…。その中で、この「鋭い目を持ったアートディーラー」のアレッシアという、私の役はどんな役割を果たすのか、今はまだ正直まったく分っていません。でも、遭遇したことのない美しさや面白み、そして初めて出会う演出家や共演者との共同作業を、初日までわくわくしながら追い続けたいと思います。

神野三鈴
小川絵梨子さんと作品を創りたい。
熱を孕んだ稽古場でひとつの生き物をみんなで産み落とすような時間にまたこの身を差し出したい。
その願いが叶うことに心から感謝しています。こんなに魅力的な仲間と一緒に冒険の旅に出られることに。
父親を愛情込めて呼ぶダディ !
でもその呼び声は胎内の羊水の中でまだ見ぬ不確かな父の姿を渇望するかのように聞こえる。
それは神も同じ、、姿は見えないけど存在し支配、導いてくださるはずの万物の父、神。
子の胎動を感じながら母になる。父はいつ父になるのだろう。父性の不在。
ゾラが、私が、産まれてから渇望し愛し戦い続けているものに全身全霊で挑みたい。
劇場という胎内で。

【公演情報】
『ダディ』
作:ジェレミー・O・ハリス
演出:小川絵梨子
出演:中山優馬
大場泰正 原嘉孝 前島亜美
谷口あかり 菜々香/長野里美
神野三鈴
●7/9~27◎東京公演 東京グローブ座
〈料金〉S席11,000円 A席10,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(平日・土曜 11:00~16:00)
●8/5~7◎大阪公演 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
〈料金〉11,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(平日・土曜 11:00~16:00)
〈公式サイト〉 https://www.daddy-stage.jp
〈公式Twitter〉@daddy_stage

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

石野真子主演、鈴木福の大人びた表情にも注目!『きっとこれもリハーサル』メインビジュアル公開!
小柴 陸、羽野晶紀、橋本さとしでリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』が再演決定!
「尾上右近が描く和傘チャリティー企画」高額で落札、全額寄付の贈呈式
舞台『青少年アシベ』メインビジュアル公開!
丘みどりがミュージカル初挑戦!朗読ミュージカル『8000mの愛』上演決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報