お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ドラマと舞台が連動!舞台『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』来年5月上演!

上段/三浦翔平 矢本悠馬 下段/崎山つばさ、須賀健太

WOWOWオリジナルドラマと舞台が連動したプロジェクトによる舞台『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』が2020年5月に東京と大阪で上演される。ドラマ版は2020年1月にWOWOWにて放送予定。

『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』は、実在する火星移住計画・マーズワンプロジェクトから着想を得たシチュエーションコメディ。2030年、火星移住を実現するために、科学者たちは4人の精鋭を火星に送りこみ人類の未来を託すことになる。人類の未来を託された選ばれし4人はどのような職業・性格で、どのような組み合わせがふさわしいのか。”火星への移住者4人”の最適な組み合わせを試行錯誤していく。
実際に起こりうるかもしれない未来の話として、単なるコメディにとどまらない、知的好奇心をくすふるシチュエーションコメディとなっている。

ドラマ版は全6話、オムニバス形式で展開されるドラマ版には、毎週異なるキャスト総勢24名が登場、2020年1月放送予定。舞台版には三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太が出演する。なお舞台版キャストの4人はドラマ版にも出演予定。
ドラマ版の脚本および舞台版の演出・脚本は鈴木おさむが手がける。

【鈴木おさむコメント】
今回、プロデューサーさんから、実際に火星に移住するための計画として、4人1チーム、様々な職業の人を住ませるシュミレーションが動き出してると聞きました。それをドラマと舞台の連動でやりたいと。
火星に移住することが、夢ではなくなった時代に、火星を舞台にした1シチュエーションドラマ。こんな難しくやりがいのあることはないと燃えました!
案の定、作っていく過程で、とてつもなく苦労しましたが、ありそうでなかったSFスペース人間ドラマになったと思っています。
皆さんも、この4人に選ばれたつもりになって、ご覧ください!

【公演情報】
舞台『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』
演出・脚本:鈴木おさむ
出演:三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太
●2020年5月◎東京・大阪にて上演
https://www.wowow.co.jp/eventinfo/detail/event-1083.html

記事を検索

観劇予報の最新記事

山崎樹範主演の~崩壊シリーズ~第3弾『派』、さらなる「崩壊」を呼んで今回も大騒ぎ!ゲネプロレポート
土田英生の人気戯曲を青木 豪が演出する舞台『相対的浮世絵』稽古場レポート
音楽劇『ハムレット』で初の海外戯曲演出に挑む 八世宗家・藤間勘十郎インタビュー
サイケデリックなフォーク・パンク・ロック・ミュージカル『Hundred Days』2020 年日本初上陸!
佐野勇斗らの新八犬士によるスペクタクル時代劇『里見八犬伝』東京公演開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報