お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ゴーチ・ブラザーズ新プロジェクト「GORCH BROTHERS 2.1」第一弾公演『MUDLARKS』詳細とビジュアル公開!

ゴーチ・ブラザーズの新プロジェクト「GORCH BROTHERS 2.1」。その第一弾公演は、気鋭の英国女性劇作家ヴィッキー・ドノヒューが、少年たちの残酷なまでのまばゆさと脆さを描く作品、『MUDLARKS』を日本初上演する。

「誰かのアイデア」をみんなで形にする。会社というコミュニティの中で才能やスキルを持った人たちが新しい出会いや可能性を見出し、創作へと繋げていく。そのためのアイデアを自由に共有できる「場」として、新たにゴーチ・ブラザーズが発信するプロジェクト「GORCH BROTHERS 2.1」。

その第1弾である今回は、俳優ありきという企画趣旨から劇団「柿喰う客」の玉置玲央・永島敬三・田中穂先という、個性豊かな3人の俳優が集結した。

演出は俳優達と同世代であり、心のきびを深く丁寧に描き出す作品を生み出すことに定評のある「東京夜光」主宰の川名幸宏。

そして、この新たな挑戦にふさわしい作品を選ぶため、様々な戯曲の本読みを重ねた中で選ばれたのが、英国新進気鋭の女性作家ヴィッキー・ドノヒューによる『MUDLARKS』。2012年にHigh Tide Festivalで初演、その後ロンドンBush Theatreで上演された注目戯曲の日本初上演となる。

《あらすじ》
遠くに揺らめくロンドンの街の光。テムズ川のぬかるみに隠れているチャーリーとウエイン。ついさっき橋のうえで起きた「ある出来事」の興奮さめやらない。そこにはぐれていたジェイクが現れるが、息を切らし、嘔吐し、明らかに様子がおかしい。そして鳴り続ける携帯電話。凍てつくような夜が更けていく中、彼らの恐怖、狂気、夢、希望が
ぶつかりあう。自分ではどうにもできない、すでに壊れてしまったみたいな人生。行き場のない苛立ちが 次第に露わになっていく。

【コメント】
玉置玲央
上質なジュブナイル作品だなぁというのが第一印象でした。誰かにとっては些末な事態も、年齢やタイミング、そして想いの強さによって重大な事件になり得る。大人になるにつれ目を逸らしたり忘れたふりをしていたそういう感覚や価値観に気付かせてくれる、非常にやり甲斐のある作品です。
そんな作品に30歳を過ぎた我々が取り組むのですから一筋縄ではいかないと思いますが、そこはやはり舞台ならではと言いますかこの年齢の我々だから創り上げられる少年、青年像が必ずあるはずです。ましてや勝手知ったる共演者陣ですから。座組一丸となってただただ面白い海外戯曲をお届けします。

永島敬三
『MUDLARKS』に描かれるのは、17歳の青年3人のある衝動的な行動に端を発する一夜の物語ですが、この3人の「若気の至り」とも見える言動や問題意識の中に、決して若くはない自分にもハッと思わされるものが隠され、散りばめられている優れた戯曲です。
演出の川名くん、翻訳の曜子さん、プロデュースの大石さん、佐野さんとも少しずつ時間をかけて読み合わせを進めながら準備してきました。
スズナリという緊密な空間で、その時間も含めて是非味わっていただきたいと思っています。

田中穂先
英国の気鋭作家Vickie Donoghue氏のデビュー作『MUDLARKS』。荒々しくも瑞々しいエネルギーに満ちた戯曲に、屈強な共演俳優お2人に体を預け、信頼できるスタッフチームと対話しながら挑めることが楽しみです。
日本初翻訳、初上演となる本作が、ボクらにとっても、目撃する皆様にとっても豊かな体験となりますように。ご期待ください。

演出:川名幸宏
純粋すぎる気持ちから始まった企画“GORCH BROTHERS 2.1”。戯曲選びから俳優陣と読み合わせを重ね『MUDLARKS』を選びました。
子供と大人の狭間で、純粋が凶器となって起きた罪をめぐる物語。戯曲を選んだ時より、さらに世界が想像の外から迫ってくる暴力で溢れてきて。この作品が、ひとときでも、誰かの“居場所”になればいいなと思います。

【公演情報】
GORCH BROTHERS2.1 『MUDLARKS』
作:ヴィッキー・ドノヒュー
翻訳:髙田曜子
演出:川名幸宏
出演:玉置玲央  永島敬三  田中穂先
●9/29~10/9◎ザ・スズナリ(下北沢)
〈料金〉前売5800円  当日6000円 (全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般発売日〉2022年8月14日(日)10:00~
〈チケット問い合わせ〉ローソンチケット https://l-tike.com/ (Lコード:35384)
〈公式サイト〉https://www.mudlarks.jp
〈公式Twitter〉 @gb_twopointone

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

須賀健太が演出、劇団「ハイキュー!!」新たに始動!
山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨らのミュージカル『SERI~ひとつのいのち』ビジュアル&PV公開!
昭和の喜劇人を描くケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台『世界は笑う』開幕!
阿部サダヲ、吉田羊、間宮祥太朗、江口のりこらの出演する『ツダマンの世界』作・演出の松尾スズキ直筆イラストビジュアル公開!
三越劇場で9月にアトリエ新派公演と朗読劇場を開催!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報