お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

松下優也、青木豪、河原雅彦は「カフェイン」「ホラー映画」「子供たち」

青木豪  松下優也  河原雅彦

【あなたの活力源は?】

松下 カフェインです。お芝居でもライブでも本番前はカフェインとテアニンが一緒になったサプリを飲みます。カフェインで高めながら、テアニンでリラックスして集中する。コーヒーも好きなのですが、本番前は水分の摂りすぎになるので。

青木 ホラー映画です。最近は『サスペリア』がすごくよかった。ホラーって“つくりもの”だから徹底的につくる。そこがいい。自分の作品はリアルな芝居が多いから滅入ってくるんです(笑)。でもホラーは完全な嘘だから、安心して観られて好きです。

河原 子供たちが生きるうえでの活力源になってます。やっぱり日常って大事だなって思うんですよ。早く起きるとか、家族と話をするとか、そういう当たり前のことが活力になる。「当たり前の日常」が仕事の時間の片側にあることは、すごくいいなと思います。

【プロフィール】

松下優也(中)

まつしたゆうや〇兵庫出身。俳優活動と共にダンスボーカルユニット「X4」のメンバーとして、またソロとして音楽活動も行う。近年の主な出演作品は新感線☆RS『メタルマクベス』disc1、ミュージカル『Romale』~ロマを生き抜いた女カルメン~、『僕だってヒーローになりたかった』、『暁のヨナ』、ミュージカル『黒執事』シリーズ、Broadway Musical『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』、など。

青木豪(左)

あおきごう〇神奈川県出身。脚本家・演出家。1997年に「劇団グリング」を旗揚げし、2009年に活動休止、2014年に解散するまで全作品の作・演出を手掛ける。近年は歌舞伎への新作提供から劇団四季の演出まで幅広く活躍中。主な舞台作品に椿組『毒おんな』(脚本)、『MOJO』(上演台本・演出)、『エジソン最後の発明』(脚本・演出)、音楽劇『マニアック』(作・演出)など。

河原雅彦(右)

かわはらまさひこ〇福井県出身。脚本家・演出家・俳優。1992年から、2002年まで「HIGHLEG JESUS」で全作品を作・演出。ストレートプレイからミュージカルまで幅広く手がける。主な演出作品に、愛のレキシシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』(原案、演出、上演台本 たいらのまさピコ名義)、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』、『ロッキー・ホラー・ショー』、『人間風車』、音楽劇『魔都夜曲』、『夜が私を待っている』、ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』、など。

【公演情報】
『黒白珠』KOKU BYAKU JU
脚本◇青木豪
演出◇河原雅彦
出演◇松下優也 平間壮一 清水くるみ 平田敦子 植本純米 青谷優衣 村井國夫 高橋惠子 風間杜夫
6/7~23◎Bunkamura シアターコクーン、6/28~30◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、7/6・7◎刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール、7/10◎長崎ブリックホール 大ホール、7/13・14◎久留米シティプラザ ザ・グランドホール

〈お問い合わせ〉キューブ 03-5485-2252(平日12:00~18:00)

https://kokubyakuju2019.wixsite.com/official

記事を検索

演劇人の活力源の最新記事

佐伯亮は「映画ですね」
眞嶋秀斗と松村龍之介は「新しい景色を見ること」と「甘いもの」!
『CLUB SEVEN ZERO II』に出演する玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人、大山真志の活力源は?
松下優也、青木豪、河原雅彦は「カフェイン」「ホラー映画」「子供たち」
石井一孝、藤岡正明、彩吹真央は「MY鍋」「製麺」「猫のココロ」

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報