お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブは?

【あなたの活力源は?】

 活力源ですか? では皆でひとつずつ行きましょう! 「笑い!」
ブルゾン 「人と会うこと!」
花乃 「人とのご縁!」
シルビア 「酒!」
全員 やった! 決まった!(笑)

【プロフィール】左より

シルビア・グラブ

しるびあぐらぶ〇1974年生まれ、東京都出身。スイス人の父と日本人の母の間に生まれる。1997年女優デビュー。2008年『レベッカ』のダンヴァース夫人での演技により、第34回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。2012年、『国民の映画』のツァラ・レアンダー役の演技により、読売演劇大賞・優秀女優賞を受賞。近年の主な出演作品に、舞台『ロミオ&ジュリエット』、『日本の歴史』、音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』、KOKI MITANI’S『ショーガール』、ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』、ミュージカル『パッション』、ミュージカル『next to normal』、TVドラマ 大河ドラマ『真田丸』、映画『未成年だけどコドモじゃない』等がある。

ブルゾンちえみ

ぶるぞんちえみ〇1990年生まれ、岡山県出身。2017年「ぐるナイおもしろ荘」(NTV)にてお笑い芸人としての芸歴2年目にして優勝し、独特な芸風とメイクで一躍脚光を浴びる。同年の「R-1グランプリ」では決勝進出。さらに「人は見た目が100%」(CX)で初のドラマ出演。「24時間テレビ」ではチャリティーマラソンランナーに抜擢され、2017年最も輝いた女性に贈られる「VOGUE JAPAN Woman of the year」や、「小学館DIMEトレンド大賞/ベストキャラクター賞」、「ORICON NEWSクイーンズアワード」、「Yahoo!検索大賞」を受賞。2018年ドラマ「サバイバル・ウェディング」(NTV)、映画「ジオストーム」のアフレコ、番組のナレーション、CMと多方面に活躍の場を広げる。今作品が初舞台となる。

鈴木杏

すずきあん〇1987年生まれ、東京都出身。1996年にTVドラマデビュー。以後、テレビ、映画、舞台などで活躍の場を広げる。日本アカデミー賞新人俳優賞・話題賞W受賞、高崎映画祭最優秀主演女優賞受賞、第24回読売演劇大賞最優秀女優賞受賞など、受賞歴多数。近年の主な出演作品は、舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』、KERA・MAP#008『修道女たち』、『ムサシ』、『欲望という名の電車』、『トロイ戦争は起こらない』、『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜』、『マリアの首』、『イニシュマン島のビリー THE CRIPPLE OF INISHMAAN』、ナイロン100℃『社長吸血記』他。映画『明日にかける橋1989の思い出』他。『ドキュメント72時間』(NHK)のナレーションも担当。

花乃まりあ

かのまりあ〇1992年生まれ、東京都出身。10年宝塚歌劇団入団。宙組に配属。『風と共に去りぬ』のスカーレット、花組に組替えの後『エリザベート』のエリザベート等、新人公演4回、更にバウホール公演とヒロイン役を歴任。14年花組トップ娘役に就任。第2回台湾公演『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲』のマリー・アントワネット、『新源氏物語』の藤壺の女御、『ME AND MY GIRL』 のサリー等、宝塚を代表する作品のヒロインを好演した。16年『雪華抄/金色の砂漠』で退団後は、テレビドラマ「越路吹雪物語」で宝塚の大先輩・淡島千景役で女優デビューを果たす。舞台『二十日鼠と人間』ではカーリーの妻を演じた他、19年4月からは情報番組「ZIP! 」で特集コーナーの担当リポーターを務める等活躍の幅を広げている。

【公演情報】
KERA CROSS 第1弾 『フローズン・ビーチ』
作◇ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出◇鈴木裕美
出演◇鈴木杏 ブルゾンちえみ 花乃まりあ シルビア・グラブ
7/31~8/11◎シアタークリエ
プレビュー公演 7/12~14◎神奈川 杜のホールはしもと・ホール
7/25◎新潟 長岡市立劇場 大ホール
7/28◎福島 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
8/16~18◎大阪 サンケイホールブリーゼ
8/21◎静岡 静岡市清水文化会館マリナート
8/23◎名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
8/28◎高知 須崎市立市民文化会館 大ホール
8/31◎高松 レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール

〈公演HP〉https://www.keracross.com

 

【取材・文/橘凉香 撮影/友澤綾乃 ヘアメイク/Noboru TOMIZAWA】

記事を検索

演劇人の活力源の最新記事

風間杜夫は「自分の生身の体をお客様にさらすこと」
東山義久、木村咲哉、長澤風海は?
井上小百合、下村実生は「表現している人」「チョコバナナパフェ」
朝夏まなと、彩乃かなみは「にんじんジュース」「旅行」
藤田玲は「晩酌」

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報