お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

加藤健一は「楽観主義」


【あなたの活力源は?】

楽観主義なんです。ポジティブ思考で、ちょっと悪いことがあっても何か良いことがある前兆じゃないかとか(笑)、そういうふうに考える性格なんです。それとやはり体力が大事なので、健康に良いと聞くと、すぐなんでもやってみます。

■PROFILE■

かとうけんいち○静岡県出身。1968年に劇団俳優小劇場の養成所に入所。卒業後は、つかこうへい事務所の作品に多数客演。1980年、一人芝居『審判』上演のため加藤健一事務所を創立。その後は、英米の翻訳戯曲を中心に次々と作品を発表。紀伊國屋演劇賞個人賞(82、94 年)、文化庁芸術祭賞(88、90、94、01年)、第9回読売演劇大賞優秀演出家賞(02年)、第11回読売演劇大賞優秀男優賞(04年)、第38回菊田一夫演劇賞、他演劇賞多数受賞。2007年、紫綬褒章受章。2016年、映画『母と暮せば』で第70回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。

【構成・文◇宮田華子 撮影◇中村嘉昭】

記事を検索

演劇人の活力源の最新記事

加藤健一は「楽観主義」
加納幸和×原川浩明×桂憲一は?
大地康雄は「母」
藤田俊太郎は「虹艶Bunny(にじいろばにー)」
諏訪さきは「笑顔」

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト