お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

昭和~平成の宝塚歌劇の名曲の数々を歌い継ぐ!

瀬戸内美八 剣幸 紫苑ゆう 杜けあき 南風舞 こだま愛
涼風真世 姿月あさと 朝海ひかる 大和悠河 咲凜音

 

『﨑憲治&岡田敬二ロマンチックコンサート』』6月に開催!
宝塚歌劇105周年となる今年、宝塚歌劇団音楽家﨑憲治が活動60周年、共に名作を生み続けてきた演出家岡田敬二が活動55周年を迎えた。今回、2人のもとに宝塚歌劇団卒業生と現役生が集まり、昨年、20作目を迎えた「ロマンチック・レビューシリーズ」のナンバーや﨑憲治の懐かしの名曲で綴る、華やかなコンサートを、6月1日・2日、梅田芸術劇場 メインホールで開催する。
白井鐵造『皇帝と魔女』から生まれたデビュー曲「愛の歌」、ザ!!レビューとも言える「ル・ポァゾン 愛の媚薬」、「シトラスの風」や、「朝日の昇る前に(華麗なるギャツビー)」「この愛よ永遠に TAKARAZUKA FOREVER(ザ・レビューⅡ)」「清く正しく美しく」など宝塚歌劇を彩ってきた数々の名曲と、時代を反影した主題歌を歌い継ぐスペシャルステージとなる。
出演は、瀬戸内美八、剣 幸、紫苑ゆう、杜けあき、南風 舞、こだま愛、涼風真世、姿月あさと、朝海ひかる、大和悠河、実咲凜音といった二人の作品にゆかりある宝塚歌劇団卒業生が集結。また、宝塚歌劇団から専科の美穂圭子、悠真 倫、愛月ひかるが特別出演する。
【コメント】 
﨑憲治(作曲・編曲・音楽監督)
宝塚歌劇一筋の作曲活動 60 年。作曲数は 3000 曲を超える。
宝塚歌劇のショー・芝居はあくまでも「愛と夢とロマンの世界」。そこに流れる音楽は、時にやさしく、甘く、強く、激しく、そして喜び・怒り・哀しみ・楽しさもすべて「清く正しく美しく」あるべきと、一音一符大切にメロディを生み出してきた。
振り返れば半世紀以上、共に宝塚歌劇を愛し作品をつくり上げてきた岡田敬二氏との「ロマンチッ
ク・シリーズ」も20作品。皆さまに愛され口ずさんで頂いたその曲の数々。元トップスター中心に繰り広げる歌の響宴に是非酔いしれて頂ければ…。
<主な作品楽曲>
●「清く正しく美しく」
●「丘の上のジョニー」(1978年『丘の上のジョニー』)
●「この世にただひとつ」(1979年『心中・恋の大和路』)
●「この愛よ永遠に  TAKARAZUKA FOREVER」(1984年『ザ・レビューII -TAKARAZUKA FOREVER-』)
●「ル・ポアゾン 愛の媚薬」(1990年『ル・ポアゾン 愛の媚薬』)
●「朝日の昇る前に」(1991年『華麗なるギャツビー』)
●「ナルシス・ノアール」(1991年『ナルシス・ノアール』)
●「LOVER’S GREEN」(1992年『PUCK』)
●「熱愛のボレロ」(1994年『ラ・カンタータ!』)
●「シトラスの風」(1998年『シトラスの風』)
●「タカラヅカ・グローリー!」(2004年『タカラヅカ・グローリー!』)
岡田敬二(構成・演出)
演出家生活 55 年を迎える今年、尊敬する﨑憲治先生の名曲をベースにした、ロマンチック・コンサートを開催させていただく事になりました。嬉しい宝塚の名曲の数々をお楽しみいただければ幸いです。
<主な作品>
●『ザ・レビュー』(1977年)
●『ディーン』(1981年)
●『グラン・エレガンス』(1983年)
●『キス・ミー・ケイト』(1988年)
●『グランド・ホテル』(1993年)
●『ザ・レビュー`99』(1999年)
●『タカラヅカ・グローリー!』(2004年)
【ロマンチック・レビュー シリーズ】
上演年  組  タイトル  主な出演者
1984年 花組 ミュージカル・レビュー『ジュテーム』高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ
1985年 花組 ミュージカル・アドベンチャー『アンドロジェニー』-麗しき乙女たち- 高汐巴、大浦みずき、秋篠美帆
1986年 月組 グランド・レビュー『ラ・ノスタルジー』剣幸、こだま愛、涼風真世
1989年 雪組 グランド・レビュー『ラ・パッション!』杜けあき、鮎ゆうき、一路真輝
1990年 月組 ミュージカル・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬』剣幸、こだま愛、涼風真世
1991年 星組 ミュージカル・レビュー『ナルシス・ノアール』日向薫、紫苑ゆう、毬藻えり
1992年 月組 ミュージカル・レビュー『夢・フラグランス』涼風真世、麻乃佳世、若央りさ、
1994年 星組 ロマンチック・レビュー『ラ・カンタータ!』紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか
1995年 花組 ロマンチック・レビュー『ダンディズム!』真矢みき、純名里沙、愛華みれ
1996年 雪組 ロマンチック・レビュー『La Jeunesse!』高嶺ふぶき、轟悠、花總まり、和央ようか
1997年 星組 ロマンチック・レビュー『魅惑 II—ネオ・エゴイスト!—』麻路さき、月影瞳、稔幸
1998年 宙組 ロマンチック・レビュー『シトラスの風』姿月あさと、花總まり、和央ようか、湖月わたる、朝海ひかる
2000年 花組 ロマンチック・レビュー『Asian Sunrise』愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき
2001年 雪組 ロマンチック・レビュー『Rose Garden』轟悠、月影瞳、絵麻緒ゆう、朝海ひかる
2003年 宙組 ロマンチック・レビュー『テンプテーション!』—誘惑— 和央ようか、花總まり、水夏希、大和悠河
2005年 花組 ロマンチック・レビュー『ASIAN WINDS!』—アジアの風— 春野寿美礼、ふづき美世、彩吹真央、真飛聖、蘭寿とむ
2006年 星組 ロマンチック・レビュー『ネオ・ダンディズム!—男の美学—』湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい
2009年 宙組 ロマンチック・レビュー『Amour それは…』大和悠河、陽月華、蘭寿とむ、北翔海莉
2016年 星組 ロマンチック・レビュー『ロマンス!!(Romance)』北翔海莉、妃海風
2018年 宙組 ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』~Special Version for 20th Anniversary~ 真風涼帆、星風まどか
〈公演情報〉
『﨑憲治&岡田敬二  ロマンチックコンサート』
作曲・編曲・音楽監督◇﨑憲治
構成・演出◇岡田敬二
出演者◇瀬戸内美八 剣 幸 紫苑ゆう 杜けあき 南風 舞 こだま愛 涼風真世 月あさと 朝海ひかる 大和悠河 実咲凜音 毬乃ゆい 天羽珠紀 舞城のどか 桜 一花 鶴美舞夕 咲希あかね 隼海 惺
宝塚歌劇団 特別出演◇(専科)美穂圭子、悠真 倫、愛月ひかる
※剣 幸、姿月あさとは6/2のみ、涼風真世は6/1のみの出演となります。
●6/1・2◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉S席11,000円  A席7,000円  B席5,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場メインホール 06-6377-3800
〈発売日〉5月11日(土)
〈公式サイト〉http://www.umegei.com/schedule/797/

記事を検索

宝塚ジャーナルの最新記事

紅ゆずるによって蘇る菊田一夫の名作と、星組が紡ぐ星々のレビュー宝塚歌劇星組公演『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS〜星たち〜』
至近距離で堪能するミュージカルスター圧巻のパフォーマンス!『Living Room MUSICAL』1周年記念公演レポート!
妃海風が5月に東京と大阪で単独ライブ!妃海風Live 2019『Magic of jazz』
ミュージカルコンサート シリーズ第5弾『I Love Musical〜GIFT あなたに贈る詩〜』 北翔海莉、咲妃みゆが出演!
城田優主演、ブロードウェイミュージカル『ピピン』日本語版製作発表レポート

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報