お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

柚香光&星風まどか新トップコンビお披露目!宝塚花組公演『元禄バロックロック』『The Fascination!』制作発表会レポート!

現在「花、月、雪、星、宙」の五組体制で年間の公演を行っている宝塚歌劇団。その「組」という形態が初めて誕生した「花組」が2021年生誕100年を迎えたことを寿いだ記念公演の位置づけも持つ、宝塚歌劇花組公演三井住友VISAカードシアター、忠臣蔵ファンタジー『元禄バロックロック』レビュー・アニバーサリー『The Fascination!』─花組誕生100周年 そして未来へ─が、11月6日~12月13日兵庫・宝塚大劇場、2022年1月2日~2月6日東京・東京宝塚劇場で上演される。

『元禄バロックロック』は、元禄時代に起きた実話をもとに、様々なフィクションを取り入れて紡がれてきた「忠臣蔵」に、時空を超える「時計」を軸にしたファンタジー要素を取り入れた新感覚の宝塚歌劇作品で、演出家・谷貴矢の大劇場デビュー作品となる。また『The Fascination!』は、柚香光と星風まどか新トップコンビ率いる新しい花組の始まりを、花組誕生100年と共に祝う華やかなショー作品で、「花」をテーマにしたダンスシーンを中心に花組の伝統を未来へとつないでいく、レビュー作家として円熟期を迎えている中村一徳のつくるアニバーサリー作品だ。

永久輝せあ 水美舞斗  谷貴矢 木場健之 大西幸彦  中村一徳 柚香光 星風まどか

そんな期待の公演の制作発表会が9月17日都内で行われ、公演の協賛企業である三井住友カード株式会社大西幸彦代表取締役社長。宝塚歌劇団の木場健之理事長。二作品の演出家・中村一徳、谷貴矢。そして宝塚歌劇団花組トップスター柚香光、トップ娘役星風まどか、花組男役スター水美舞斗、永久輝せあが登壇。公演への抱負を語った。

制作発表会は、まず『The Fascination!』のパフォーマンスからスタート。ビビットな濃ピンクの衣装で登場したトップスター柚香光が主題歌を歌い出すと、もう会見場は瞬時にして華やかな宝塚レビューの世界へ。そこに、専科から花組へと組替えし、先日大盛況のうちに千秋楽を迎えた宝塚花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』で花組トップ娘役として初登場した星風まどかが加わり、全国ツアー公演で既にその相性の良さが際立っていた新トップコンビが交わす笑顔が眩しい。

続けて、『銀ちゃんの恋』でKAAT神奈川芸術劇場、梅田芸術劇場ドラマシティーと東西の舞台の主演を果たして喝采を浴びた水美舞斗、全国ツアー公演で柚香に続く男役として大活躍した永久輝せあが、シュガーピンクの衣装で登場。異なる公演で確かな成果を示した四人が一堂に会す姿に、花組の層の厚さがひしひしと感じられた。

この会見が初披露とは思えないほど耳馴染みの良い主題歌のあと、音楽が変わると、前奏を聞いただけでこちらの胸が締め付けられる、花組の歴史の中の名曲中の名曲「心の翼」が歌われる。楽曲の力が一気に場の空気を変え、この公演が花組生誕100年を祝うメモリアルステージであることを鮮やかに照射していく様は圧巻。あっという間に感じられたパフォーマンスは終了した。

そして、余韻の残るステージがそのまま会見場となり、登壇者全員の挨拶から、質疑応答へと引き継がれた。

【登壇者挨拶】

木場 宝塚歌劇団の木場でございます。本日は緊急事態宣言の厳しい状況でございますが、宝塚花組公演の制作発表にお越しいただきまして、また感染予防対策にもご協力くださいまして誠にありがとうございます。またいまこの時にも全国の病院や様々な場所で治療にあたっておられる医療従事者の皆様には、この場をお借りして心より謝辞を申し上げたいと思います。さて今回ご紹介申し上げます、宝塚花組公演『元禄バロックロック』『The Fascination!』は、三井住友カード株式会社様、ならびにVJAグループ有志各社様のご協賛を賜り三井住友カードシアターとして上演致します。いつも温かいご理解、ご支援をいただいております大西社長に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。演目でございますが『元禄バロックロック』は新進気鋭の若手演出家谷貴矢の大劇場デビュー作となります。これまで歴史的な人物や出来事を独自の視点で大胆に組み替えた作品を送り出してきた谷が、日本人なら誰もが知る「忠臣蔵」をどのようにさばくのか大いに期待したいと思っております。また『The Fascination!』は先ほどパフォーマンスでもご覧いただきましたが、ベテラン演出家中村一徳が手掛ける、花組誕生100周年を記念するレビューでございます。100年の歴史を受け継ぎながら新しい時代を切り開いていく、宝塚ならではの、花組ならではの作品となっております。そしてこの公演は三日前に終了したばかりの公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』でスタート致しました柚香光、星風まどかの新トップコンビを中心といたしまして、水美舞斗、永久輝せあら花組全員が揃う公演となります。皆様のお力をお借りしながら、多くのお客様に楽しんでいただける公演にして参りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

大西 三井住友カードの大西でございます。VJA各社を代表してご挨拶させていただきます。今回花組の『元禄バロックロック』『The Fascination!』に冠協賛をさせていただきます。今回で私共は49作目の協賛ということで、これまでにも花組さんに非常に多くのご縁がございましたので100周年といった記念すべき公演に携わらせていただけること、大変光栄に存じております。ご関係の皆様に感謝申し上げたいと思います。今回の公演は花組新トップコンビのお披露目とお伺いしておりまして、柚香さんはトップスターとして3作目の公演で、もう本当に堂々たる存在感を発揮していらっしゃいます。私の周りにもファンの方が大変多くいらして、柚香さんと喋ったことがあるだけでもリスペクトしてもらえるわけなんですが(笑)、いつ見てもカッコイイ柚香さんと新天地で新たなスタートを切られる星風さんの新トップコンビにファンの皆様が大変期待しておられるのではないかと思います。また本日ご出席の水美舞斗さん、それから永久輝せあさんには弊社のイメージキャラクターもお願いをしております。お二人の活躍も楽しみにさせていただいております。花組100年の節目を飾る最高の舞台をお届けしたいと思っております。前回私共が冠協賛させていただいたのが花組公演『A Fairy Tale ─青い薔薇の精─』、約2年弱前でございました。まさにその後コロナで世界が一変したということでございます。本当にまだまだ感染が続いておりますので、安全を確保しながら毎日公演を続けておられる宝塚歌劇の皆様は、日々生活も節制され、厳しく律されてご苦労されているのではないかと拝察をしております。そうしたご努力に敬意を表したいと思いますし、ファンの皆様にもこういう時期ですので、ご覧になって元気になっていただくような、素晴らしい公演を期待したいです。宝塚歌劇はそういう存在であろうと思います。私共三井住友カードは今後とも宝塚歌劇の皆様と一緒に歩んで行きたいと思っております。これからも宝塚歌劇、三井住友カード、VJAグループ各社をご支援いただきますようよろしくお願いしまして、私のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

中村 皆様本日はお忙しい中花組の制作発表にお越しくださいましてありがとうございます。第二部のショーを担当させていただきます中村でございます。1914年宝塚歌劇が誕生して公演がスタートいたしました。その7年後に公演数増加と歌劇団生が増えたことで組が二つに分かれまして、二つの組を作りました。それが花組と月組でございます。その誕生からちょうど今年で100年を迎えることになりました。第二部のショーの大きなテーマのひとつは花組の歴史を感じていただくということです。それに従い、作品を作るにあたりまして過去の作品や楽曲などを聞いていますと、やはりこれまでの花組の歴史、宝塚歌劇の歴史を作ってこられた歌劇の生徒の先輩方、スタッフ諸先輩方、先生方、公演に携わった方々の偉大な功績や歴史の重みを大変感じております。また、これから3日後に顔合わせになりまして、花組の生徒も稽古を積み重ねていくことになると思いますが、その稽古の中で花組生ひとり一人が、この歌劇や花組、月組の歴史の重みを感じながら、公演を作り上げていくことと思います。また今回は柚香さんと星風さんの大劇場お披露目公演で、水美さん、永久輝さんはじめいまの花組の充実度をお伝えしたい。歴史が変わることはありませんが、いまの花組が如何に輝くかによって、これまでの歴史もさらに輝いて感じていただけるような作品にしたいと思っております。今回三井住友カード株式会社の皆様にご協賛いただきました。それから第1部の方はこれから挨拶をいたします谷貴矢先生のデビュー作ですので、新しい才能溢れる作品になると思いますから、ショーの方ではこれまでの歴史と、新しい花組の101年目の歴史がスタートする、新しいはじまりを感じていただければと思います。11月に大劇場で幕を開けますので、今年の大劇場締め括りの公演になります。なかなかコロナ禍で大変な時期ですけれども、今年の締めくくりにふさわしく、また来年が皆様にとって希望の光が降り注ぐ1年になることを祈りながら、そして東京では1月に皆様にお目にかかると思いますので、2022年が素晴らしい1年の始まりになることを祈りながら、スタッフ出演者が力を合わせて作品創りに取り組んで参りたいと思います。今日はどうもありがとうございます。

 『元禄バロックロック』の作・演出を担当いたします谷貴矢でございます。よろしくお願いいたします。いま中村先生からも素敵な激励とプレッシャーをいただきましたが、本当にこの歴史の続いている素敵な劇団で、しかも花組で自分が大劇場デビューさせていただく。そこに飛び込んでいくことに対していま現に緊張マックスですが、それと同時にワクワクもすごくありまして、自分の持てる力を全て使って、ファンの皆様に新しい花組の姿、宝塚の姿をお見せしようと思っております。今回の話ですけれども、皆様のよく知る日本の「江戸」とよく似たカタカナの「エド」という架空の都市を舞台に致しまして、皆様のよく知る「忠臣蔵」とよく似たストーリーがサイドストーリーとして展開されていきます。その中にあって、愛に翻弄されるクロノスケとキラがいるという、オリジナルな内容となっております。キーアイテムとして「時を巻き戻す時計」を配しまして、タイムリープしながら運命に絡まっていくというような内容の、ファンタジーなストーリーとなっております。いまここにいらっしゃる4人の役どころなんですけれども、まず柚香さんに関しては、いま言った時を巻き戻す時計を作った時計技師クロノスケという役どころになっております。元は赤穂藩士で、松の廊下の事件が起こった後エドにやってきて、自分の忠義を貫くのか、それともこれから説明する星風まどかのキラとの愛を優先するのか、といったところの狭間で揺れ動くような役どころになっております。そして星風に関しては、いまチラッと言いましたキラというのは、実際の吉良上野介にはそんな人はいないのですが、架空の娘、隠し子がいたという設定を今回は付け加えまして、その隠し子のキラをやっていただきます。ですからクロノスケは「ロミオとジュリエット」ではないですけれども、その自分の愛と忠義のどちらを優先するのか、というところで揺れ動くという形になっております。そして水美さんはコウズケノスケ。吉良上野介をモチーフにした役どころなのですが、実在半分オリジナル半分といったところでして、実際「忠臣蔵」の吉良上野介と言いますとおじいさんで、お歴々の大御所がやる役だと思うんですが、今回は年齢も大幅に下げまして、役どころや性格もオリジナルに変え、野心的なイケオジになっていただけたらと思っております。永久輝さんはまだ発表されていないと思うのですが、クラノスケをやっていただく予定になっております。これも大石内蔵助がモチーフとなった役どころですね。サイドストーリーと言いましたけれど、「忠臣蔵」のストーリーで言えば主人公の役どころなので、サイドストーリーの方をバシバシと進めていっていただきながら、それに対してクロノスケが翻弄されていくという物語になっております。自分も大劇場デビューでまあフレッシュですし、柚香さんと星風さんと新しいトップコンビとダブルフレッシュで、本当に新しい美しさだったり、格好良さだったり、面白さだったりを皆さんにお届けできればなと思っております。よろしくお願いいたします。

柚香 皆様本日は大変な状況のなか足をお運びくださいまして、本当にありがとうございました。花組の柚香光でございます。花組生誕100周年というこの素晴らしい時に、このように公演をさせていただけることに心から感謝をしております。またこの素晴らしい年を迎えられましたのも、お客様がたくさんの愛情をもって宝塚を支え、応援してくださったおかげと心より御礼申し上げます。いつも本当にありがとうございます。そして私たち花組生と致しましても諸先輩方、そしてスタッフの方々が今まで宝塚への愛と誇りと敬意をもって重ねてきた時間に、私たちの思いを重ねて、きちんと受け継いで、真摯に舞台作りに励んで参りたいと思っております。そしてお芝居の谷先生、私としましては谷先生の作品に出演させていただけるのは今回が初めてで、少しドキドキしているんですけれども、先日行われましたポスター撮影が本当に刺激的で楽しくて。そして谷先生が私の、柚香の色々な魅力を出せる役を作っていきたいとおっしゃってくださっていますので、とても楽しみにしております。そしてショー、皆様に先ほどお聞きいただきました楽曲なんですけれども、私も初めて聞いた時に、その洒脱さ、品の良さ、テンポの心地良さに心も胸も体も踊り、その曲からショーが作られていくことに、今からとてもワクワクしております。そして今回の公演が星風まどかと一緒に作る初めてのオリジナル二本立て、初めての一から作る作品となりますので、それもすごく楽しみにしております。皆様にとって大切な作品になるような、そんな舞台を目指して、花組一丸となって作って参りますので応援よろしくお願いいたします。最後になりましたが、三井住友カード様、VJAグループ各社様、本当にいつも宝塚を応援してくださってありがとうございます。ご協賛してくださいましたことに心より御礼申し上げます。

星風 星風まどかでございます。とても今緊張しています。お芝居の方はポスター撮影しかさせていただいていないのですが、参考にといただいた資料などを拝見させていただいて、この作品に携われることがいまからとても楽しみで皆がワクワクしております。谷先生が作られました世界観をしっかりとお客様にお届けできますように、これからのお稽古を頑張って参りたいと思います。そしてショーの方は花組が誕生して100周年という、記念すべき瞬間に携わらせていただけているという、本当に貴重な経験をさせていただいていると身にしみて感じております。柚香さんを中心とした花組生の一員として、責任と自覚をもってお稽古に励んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

水美 水美舞斗でございます。私も星風同様にお芝居のポスター撮影をさせていただきまして、その時谷先生からヒントのようなものをたくさんいただき、また参考資料もいただきまして、その中で吉良上野介という歴史ある人物を、今回は半オリジナルキャラクターということで、どのような台本になっているのか、いま、ドキドキワクワクでとても楽しみです。早くお稽古がしたいです!追求して、また新たな水美舞斗を表現できますよう精一杯お稽古に務めて参りたいと思います。またショーの方は花組100周年と言うことで、本当に貴重な経験をさせていただけますことに、心から感謝いたしております。魅力的な花組生がたくさんいますので、そのたくさんの花のなかの1人として精一杯輝けるように務めて参りたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

永久輝 永久輝せあでございます。私も今すごく緊張しているのですけれども、お芝居の方ではクラノスケ役を演じさせていただきます。今の段階ではまだ妄想が膨らむばかりで、本当に楽しみなのですが、武士としての忠義に生きるその生きざまをお見せすることによって、作品の良いスパイスになれたらいいなと、精一杯務めさせていただきたいと思います。そしてショーの方では花組100周年という記念すべき作品に出演できることを本当に嬉しく感じております。それと同時に今在籍する花組生としてすごく身の引き締まる思いでいます。花組100年の歴史の中で、花組に携わってきた全ての方々に恥じぬよう、精一杯務めたいと思いますし、先ほどお届けした主題歌に本当に心ときめいていたので、早く花組のメンバーと一緒にこのショーを作りたいという気持ちでいっぱいでございます。頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

【質疑応答】

──キャストの皆様、花組100周年記念公演ということで、皆さんが感じる花組の魅力、また新トップコンビのお二人には、お互いに感じる魅力を併せてお聞かせ下さい。

柚香 花組の魅力はもう本当にありすぎて何から申し上げたらいいのか困ってしまうぐらいなんですけれども、温かさというのはやはり舞台の上に充満しているのではないかなと、花組しか知らない身でございますが思っています。体温的な温かさももちろんあるのですが、ご覧になっていただいた皆様も心温まるような、人と人との繋がりっていいなと思っていただけるような、そんな組の力が魅力だなと思っております。後はもう最下級生のひとり一人に至るまでが舞台を愛していて、宝塚を愛していて、自発的に生き生きとしながら役に、ナンバーに向かっている姿は、やはり特別な自慢です。そして相手役さんのまどかちゃん(星風)。彼女の魅力も皆さんご存知の技術がたくさんあるのですけれども、一緒にひと作品させていただいた中で、本当にキャッチ力が早い。「こうしてみたら?」と投げかけた時に、まあそれをなんと要領よく、賢く、そして舞台に立つ上で絶対的に必要なある種の冷静さを持って次に生かす。本当に素晴らしいなと思いますので、それはもう私も見習いたいところでございます。そして後はキャッチ力と少し共通するかもしれないのですが、共感能力と言いますか、舞台上でのやり取りがとても柔軟で、「一緒に遊ぼう」と言ったら「はーい!」と言って遊んでくれる。その空気がすごく嬉しく、そして私も楽しみながら公演をさせていただきましたので、これからどんどんそういった二人ならではのかけ合いであったりとか、空気感であったりを、作品を通して作っていけたらいいなと思っております。

星風 私はまだ花組生としてひと作品させていただいて間もないんですけれども、やはりいま柚香さんがおっしゃったように本当に皆様が温かくて!ほかほかしていて、緊張する瞬間も多々あったのですが、心を委ねられる稽古場で、大きなお心で包んでくださる皆様の雰囲気を感じました。そしてやはり柚香さんがおっしゃったように、ひとり一人が初めてのお稽古の時から「こうやりたい、ああやりたい」と自発的に、前向きにお稽古されている姿を拝見して、頑張らなきゃなというパワーを下級生からもいただいた、そんな素敵な組だなと。まだまだこれからもっとたくさんご一緒して、色々な魅力を私自身も体験することができるのではないかとすごく楽しみです。柚香さんはいま、こうおっしゃってくださったんですけれども、そうなる理由としては、全て柚香さんが投げかけてくださって、温かく受け止めてくださるから安心して挑戦させていただける。そういう機会を、公演中もお稽古中もすごくいただいたので、感謝の気持ちでいっぱいでございました。もう魅力は皆さんが本当にご存知だと思いますが、その魅力を私もお近くで、肌で感じさせていただける幸せを噛みしめつつ、しっかりとお伝えできたらなと思っております。

水美 花組の魅力は本当にたくさんあると思うんですけど、みんな温かいと言っていましたが、本当に暖かいですし優しいですね。舞台というのはそれぞれが自分自身と戦うものでもあると思うのですが、誰か困ったり誰かできない人がいると、本当にちゃんと支え合いながら教えあいながらみんなで舞台を作っていく。そんな組だと思っています。柚香が、まどかちゃんが言うように、って(私は)相手役ではないのですが(笑)本当に柚香がのびのびと組を引っ張っていってくれているので、それにみんなが気負うことなく、ただひたすらまっすぐに柚香について行っている。中村先生も充実しているとおっしゃってくださいましたが、その先頭を柚香が引っ張ってくれているので、皆が生き生きしているのだと思います。

永久輝 私も2年前に花組に組み替えをした立場ですので、その時1番最初に感じたのはやはり組の温かさでした。本当に皆さんが温かくて、常に人のことを考えて過ごしているというのが素晴らしいなと思いましたし、それがもちろんい今いる周りの皆さんだけではなくて、多分100年の間にちゃんと色々な方から受け継がれてきた温かさなのだなということを感じます。多分花組で過ごした皆様が宝塚を本当に愛して、下級生、後輩に託してくださったからこそのいまなんだなという、その歴史の重み、温かさを感じております。いま在籍できて本当に幸せだなと毎日思っております。私も柚香さんとまどかちゃんが作る新しい波を感じながら、色々な作品に挑戦してもっと花組を盛り上げていけたらと思っております。

──今年理事長が木場さんになりましたが、どんな宝塚を作っていきたいとお考えですか?また演出のお二人から作品の見どころをお願いします。

木場 宝塚歌劇団では演出家を始めとする制作スタッフ、またプロデューサーなどたくさんのスタッフがおりまして、知恵を出し合って、情熱を持って作品作りに励んでおります。生徒たちもその期待、要求に応えようと日々努力して、舞台上で最高のパフォーマンスを務めようと努力しております。私としてはそういった宝塚歌劇に関わる全ての人のパワー、エネルギーをより一層引き出して、より良い作品作りに結びつけていけたらいいなと思っております。報道関係の皆さんには是非そういった姿を伝えていただいて、様々な角度からご意見をいただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

中村 ショーの見どころですね。大きなところでお話しますと、もちろん花をテーマにしたことと、今回用の新しい場面を作ることと併せて、若干再演の場面もお見せしたいなと思っております。それとなかなか全ての公演を使うことはできないんですが、何曲か過去の楽曲を使ってメドレーにしたいと思っています。それが作品の大きな枠なるんですけれども、1番やはり作っていて感じたのは柚香さんを初めとする花組生に、下級生までとても素晴らしい人材がひとり一人いますので、いま出席しているメンバーほどの見せ場はなかなか下級生まで与えることはできませんけれども、でもひとり一人が意識して、主役ということはないですけれども、自分の責任感を持てるようなシーンを作りたいなと思っています。もちろん作った側はそういうふうに作っても、お客様にどう感じていただけるかは、なかなか難しいところなのですが、でもなるべく花組生の、81人出ますので、81色をお見せしたいなと思っております。

 私はこの話をいただいた時に柚香さんと星風さんの、これから新しいものを作っていくという関係性が、非常に特殊で面白いなと思いました。それはやっぱりフレッシュですというのも見せなきゃいけないし、お二人ともそれぞれトップとしてのご経験も何作か積んでいて、その実力というか、経験豊富ですというのも見せなきゃいけない。そこをどうしたものかなと考えていて、私は本当に欲張りなので両方を見せたいなと思ってしまったんですよね。それで色々頭を悩ませていた結果、タイムリープ的な題材であれば出会った頃の二人のフレッシュな姿とか、そこからずっと時が流れて進んでちょっと堕落した二人の姿の両方を見せられるなと思いました。柚香さんと星風さんの色々な顔を見せられる題材として、今回この『元禄バロックロック』という題材を選ばせていただいたので、とにかくそのお二人の色々な顔を1番楽しみにしていただければなと。綺麗に歌ったり女たらしだったりしているクロノスケが、優しく真面目な時計職人であるところとか。賭場の主でちょっと妖艶に出てきたキラちゃんが、可愛い女の子になっていたりとか。短い時間なので長々とではないのですが、その中でも色々な顔をというところを第一に考えて作っておりますので、そこを楽しみにしていただければなと思っております。

【公演情報】
宝塚歌劇花組公演
三井住友VISAカードシアター
忠臣蔵ファンタジー『元禄バロックロック』
作・演出◇谷貴矢
三井住友VISAカードシアター
レビュー・アニバーサリー『The Fascination!』─花組誕生100周年 そして未来へ─
作・演出◇中村一徳
出演◇柚香光 星風まどか ほか花組
●11/6~12/13◎兵庫・宝塚大劇場
〈料金〉SS席1,2500円 S席8,800円 A席5,500円 B席3,500円
●2022/1/2~2/6◎東京・東京宝塚劇場
〈料金〉SS席1,2500円 S席9,500円 A席5,500円 B席3,500円
〈お問い合わせ〉0570-00-5100
公式ホームページ https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2021/baroquerock/index.html

 

【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】

記事を検索

宝塚ジャーナルの最新記事

ミュージカル『October Sky-遠い空の向こうに-』ライブ配信決定!
今井 翼、貴城けいらでリーディング・コンサート『ベートーヴェンからの手紙』12月に上演!
TRUMPシリーズの最新作、ミュージカル『ヴェラキッカ』来年1月上演決定と『はじめての繭期2021』の開催!
増田貴久主演のミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』再演版のビジュアルが発表!
霧矢大夢、多和田任益らで三島由紀夫原作『薔薇と海賊』来年3月上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報