お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

A NEW MUSICAL『ラヴズ・レイバーズ・ロスト─恋の骨折り損─』間もなく開幕! 三浦涼介インタビュー

2013年にニューヨーク演劇シーンの最先端を行く「パブリック・シアター」で上演された『ラヴズ・レイバーズ・ロスト』。
ウィリアム・シェイクスピアの傑作喜劇『恋の骨折り損』を、タキシードの紳士とハイヒールの淑女が闊歩する現代に置き換え、ロックサウンドで綴るスタイリッシュなミュージカルラブコメディへと生まれ変わらせた作品だ。その舞台が、日比谷のシアタークリエで『ラヴズ・レイバーズ・ロスト─恋の骨折り損─』として、本日10月1日、本邦初演の幕を開ける。(25日まで)

『キューティ・ブロンド』『オン・ユア・フィート』『笑う男 The Eternal Love ─永遠の愛─』などの話題作を次々に手掛けてきた上田一豪の演出と豪華キャスト陣の集結により、ポップでキュートな祝祭劇だ。

その作品で、ピレネー山脈西部に位置するナヴァール王国の若き国王ファーディナンドを演じるのは三浦涼介。長い芸歴の中でも、近年『1789─バスティーユの恋人たち─』『ロミオ&ジュリエット』『エリザベート』と大作ミュージカルへの出演が続き、ミュージカル俳優としての高い資質が大きな注目を集めている。
そんな三浦に、国王という存在へのイメージや、ポップでカラフルな仕上がりになったフライヤー撮影に臨んだ気持ちなどを含めた、新たな舞台への想いを聞いた「えんぶ10月号」インタビューを別バージョンの写真とともにご紹介する。

『エリザベート』とは全く違う感じの王族になっていくのかなと

──シェイクスピアの作品をロックサウンドで現代に置き換えた作品ということで、ちょうど出演された『ロミオ&ジュリエット』と同じ試みかと思いますが、古典作品を現代の視点で読み解くことについてはどう感じていますか?

やはりシェイクスピア作品と言われただけで、難しいんじゃないかな? と思ってしまうところがどうしてもあると思うんですね。でも『ロミオ&ジュリエット』の時にも感じたのですが2時間~3時間の上演時間の中で「愛」という根源的なテーマに集中させて、更に歌やダンスのあるミュージカルに仕上げることで、とても華やかで入りやすい舞台になると思いました。ましてや今回は喜劇作品なので、きっと楽しいものになるだろうと期待しています。

──その中で演じるのがナヴァール王国の国王ファーディナンドですが、『エリザベート』でも未来の皇帝として育てられたルドルフ皇太子を演じた三浦さんが感じる、国王のイメージにはどんなものが?

『エリザベート』の稽古中に飛び交っていたのが「皇帝になる人なんだからこうでなくてはいけない」ということだったんです。例えば「皇帝ならそんな歩き方はしない」ですとか、「その立ち方はおかしい」とか、それこそ常に背筋を正しているヴィジュアルイメージが大きくありました。でも今回の作品はむしろそうしたイメージを壊していく方が面白いのかな? と思っていて。

──確かに現代の、例えば英国王室の方達などは、ファッションリーダー的な注目のされ方もしていますね。

そうですよね。ですから『エリザベート』とは全く違う感じの王族になっていくんじゃないかと思いますし、お稽古が始まるとまた新たな発見もあると思うので楽しみです。

この1年間の試行錯誤がきっと力になる

──そんな新しい雰囲気が早くも伝わるフライヤーですが、こちらの撮影時のエピソードなどは?

ホテルの一室での撮影だったんですが、タキシードを着てホテルで撮るということだったので、すごく畏まった雰囲気を想像していたら、一歩部屋に入った途端にとても可愛らしい世界観が創られていたので、一気にテンションが上がりました。仲間内で一緒に遊んでいるチャーミングさが散りばめられていましたから、雰囲気は掴み易かったのですが、共演経験があるのが渡辺大輔さんお一人で、皆さんと「はじめまして」の中でこの距離感だったので(笑)、はじめは少し戸惑っていたと思います。でも大ちゃん(渡辺)がお兄ちゃんという感じでいてくださいましたし、皆さんとても楽しい方達なので、きっと楽しい稽古場になるんだろうなと思っています。

──これまでに日本でも愛され、再演が重ねられているミュージカルに新たに入られる形が多かったと思いますが、今回のように日本初演の作品に入ることとの違いはありますか?

はじめは代々演じてきた方がいらっしゃる役柄を引き継ぐのは、すでにお手本がある訳ですからそこに向かっていけば良い分、演じ易いのではないか? と思っていたんです。でも実際に自分が新たに役に取り組む中では、ゼロから創ることになりますし、しかもある程度形が出来上がっているからこその難しさが大きいんだと気づいて。そこからすると、作品自体をゼロから創っていくのは、ひとつずつ確認して、ひとつずつ新しく積み上げていくので、双方に難しさも楽しさもある中では未来志向なのかなと。1年前の『1789─バスティーユの恋人たち─』で初めて新キャストとして作品に入りましたが、当時は稽古場に通うのが辛かった時期もあったんです。特にシングルキャストだったので、ひたすら演じるんだけれど、答えが見つからなくて不安で。でもその日々があったから『ロミオ&ジュリエット』や『エリザベート』に取り組めましたし、特にダブル、トリプルのキャストですと他の人が演じるのを観てヒントをもらえたり、勉強にもなるので最初に大変な想いをしておいて良かった! という感覚が今はあります。この1年間の試行錯誤が、今回日本初演の作品に取り組む上できっと力になってくれるだろうと思っています。

──今ご苦労があったとおっしゃった『1789』でも、ロベスピエールにだけは劇中に恋人との描写がないのを、台詞や歌ではない場面できちんとお芝居をされて、恋人たちが歌うナンバー「サ・イラ・モナムール」につなげていらしたのが素敵だなと思っていましたが。

本当ですか? 誰も観ていないと思っていた!(笑)

──皆さん観ていますよ!

そうなんですか? 嬉しいです! でもそうして役としてきちんとつながっていかないと最後まで演じられなくて、色々話し合って考えていくのは大好きなんです。僕はこれまで仕事って自分の力だけでぶつかっていくものだと思っていたのですが、ミュージカルの世界に入って先輩方が、本当に温かい愛情で教え導いて下さることに感動していますし、その中にいられる幸せも感じています。そんな皆で創り上げることの素晴らしさを感じている今、日本で初めて上演される作品に出演できることが楽しみですし、特に喜劇なので、お客様と一緒に創り上げるものがとても多いと思います。幕が開くまでだけではなく、千秋楽まで日々新たなものを積み重ねていきますから、是非僕たちと同じ空気を体感しに劇場にいらして下さい! お待ちしています!

■PROFILE■

みうらりょうすけ〇02年デビュー以後、多くの映画、ドラマで活躍『仮面ライダーオーズ/〇〇〇』では絶大な人気を得る。12年にCDデビューを果たし、音楽活動も精力的に展開している。主な舞台作品に『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』浪漫活劇『るろうに剣心』『1789─バスティーユの恋人たち─』『失われた藍の色』『グランギニョル』ミュージカル『黒執事~NOAH’S ARK CIRCUS~』『手紙』『ヴェローナの二紳士』『わたしを離さないで』『ボクの四谷怪談』『ロンドン版 ショーシャンクの空に』などがある。

【公演情報】
A NEW MUSICAL
『ラヴズ・レイバーズ・ロスト─恋の骨折り損─』
原作◇ウィリアム・シェイクスピア
楽曲◇マイケル・フリードマン
脚色◇アレックス・ティンバース
翻訳・訳詞・演出◇上田一豪
出演◇村井良大/沙央くらま/渡辺大輔 入野自由 大山真志/中別府葵 田村芽実 伊波杏樹 樋口日奈
加藤潤一 石川新太 一色洋平/ 遠山裕介 ひのあらた 木村花代 /三浦涼介
●10/1~25◎シアタークリエ
〈料金〉11,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777(9時半~17時半)
〈公式HP〉https://www.tohostage.com/loves-labours-lost/

 

【取材・文/橘涼香 撮影/岩田えり】

記事を検索

宝塚ジャーナルの最新記事

二人の女優が二人の女王を演じる傑作舞台『メアリー・ステュアート』に挑む! 霧矢大夢・保坂知寿インタビュー
大人気ミステリーの華麗なる宝塚化!宝塚花組『マスカレード・ホテル』
宝塚花組にダンサートップスター鮮やかに登場!柚香光プレお披露目『DANCE OLYMPIA』─Welcome to 2020─
荻田浩一作・演出の新作ショーTabloid Revue『rumor~オルレアンの噂~』開幕!
万葉集meetsミュージカル『令和にそよぐ風 ~若き歌詠みの物語~』初日開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報