お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ふれあい動物電気】森戸宏明の「立ち喰い蕎麦探訪記」第26回 ー都会の中にいきなり山形!これを食べて泣いたら山形県民確定!ー

今日は、森戸です。
暖かくなってきましたね。
これが載る頃には東京の桜も散ってるのかな?
本当はもっと暖かく、って言うか
暑くなってきたら、より美味しく頂ける
今回はそんな蕎麦をご紹介します。

場所は千代田区神田錦町。
まあオフィス街ですね。
お堅い感じの看板がかかるビルの一階にあるのがこちら

「河北や」さんです。
山形県の中央部にある「河北町」出身の人がやってるのかな?分からないけど。
店内に入りまして
食券レイアウトがこちら

外の暖簾にもありましたが肉そば推しですね。
特に左上の「冷たい肉そば」!
山形県はもちろん東北ではありますが
フェーン現象で夏にすごく暑くなるんです。
かなり前ですが
観測史上最高気温は長いこと山形市だったくらいです。
なので山形には「冷やしラーメン」「冷やしシャンプー」等
何でも冷やす文化があるみたいです。
そして出てきたのがこちら

乗っているのは鶏肉で「親鶏」の肉だそうです。
なので決して柔らかくはないのですが
噛めば噛むほど肉の旨味が出てきます。
写真では分かりにくいですが
鶏の脂も浮いてます。
この脂が何故か白く固まらずサラサラしてて
汁にコクを与えています。
鶏肉を噛み、汁を一口飲んで
ちょっと太めの山形そばを啜れば
もう至福です。

実は私
だいぶ過去にこの「冷たい肉そば」食べてます。
母の実家が河北町のお隣、山形県寒河江市というところで
私が中学だか高校の頃、夏休みに遊びに行った時
おじさん(母の弟ですね、故人)がこの「冷たい肉そば」を出前でとってくれました。
「何だこれ!?美味い!こんなの東京に無い!」
と夢中で食べている私に
「うめぇ~んだ~」
と言った時のおじさんのちょっと誇らしげな顔を
「河北や」の片隅で思い出していました。
こうやってたまに思い出すのも
供養の一つですよね、きっと。

森戸宏明

もりとひろあき〇埼玉県出身、1973年生まれ。俳優。93年旗揚げより動物電気全作品に参加。的確なつっこみと多彩なキャラを演じるセンスは劇団の中枢ポジション。ブログの猫日記では意外な一面も。外部活動も意欲的に行う。

[動物電気☆営業部からのお知らせ]
動物電気☆営業部では、動物電気および所属俳優、作家、演出家へのお仕事の依頼を承っております。舞台・映 像、その他、動物電気であれやってほしい! という皆様、どんなお仕事でも構いません。ひとまず一度ご連絡ください。お仕事のご依頼はメールまたは電話にてお待ちしています。
<動物電気☆営業部>
info@doubutsu-denki.com
TEL 090-3212-4403

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 小野寺ずるの【女の平和】
  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

日刊☆えんぶの最新記事

【ふれあい動物電気】新連載 髙橋和美「岡山のドジ」第12回「爽やかな話題」
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第62回 大空ゆうひさん(俳優)
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.110「ワークショップ」
【松永玲子の「今夜もネットショッピング」】「ハマる」
【ふれあい動物電気】森戸宏明の「立ち喰い蕎麦探訪記」第27回 ーあ、黄色い看板!・・ってこれ何のCMだっけ?消費者金融?ご安心下さい、こちらは立食いそば屋ですー

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報