お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ふれあい動物電気】コバけんの「こちら、動物電気情報局!!」11月号

こんにちは!
月に一回のこのコーナー、コバけんの「こちら、動物電気情報局!!」

こちらでは、動物電気メンバーの活動情報を毎月皆さんにお知らせしていきます!

さて!
動物電気の10月!

今回は、わたくし小林けんいちが12年ぶりに参加させていただいた劇団鹿殺しの「キルミーアゲイン’21」について書いてみたいと思います!

劇団鹿殺し活動20周年記念公演
「キルミーアゲイン′21」は、
9月30日(木)~10月10日(日)で紀伊國屋ホール
10月15日(金)~17日(日)で大阪IMPホール
にて上演しました。

稽古に入った頃は、毎日コロナ感染者が増えるばかりで本当に公演が出来るのか、ひとりも脱落せずに行けるのかと、みんな不安しかなかったですが、なんとか一人も感染することなく本番を全て終えることが出来ました!
これを読んでくれている方で観に来て下さったお客様いましたら、この場を借りてありがとうございます!

正直、12年前の公演が大変すぎたので、出演するかどうか迷いました。
鹿殺しの対談でも言いましたが、もう12年前の鹿殺しは絶対売れてやるムードが強すぎて、要求してくることも全然何言っているかわからなくて殺伐としてました。
演出の菜月チョビからは
「コバケンさん、もっとレッドホットチリペッパーズでお願いします。」
「オーラもりもりで」
「喋り方が普通になってきてるので、アウアウしてください」
何かと言えばレッチリ感を出せと言われ、もう何がなんだかパニックです!
劇団としても迷走していたのか、急に眉をつぶすと言い出し、全員眉をつぶして本番を迎えました。
当時のまだ新人の劇団員たち(動物電気ではお馴染みの坂本けこ美もいました!)は寝る間を惜しんで働き、場当たり最中はケンカが始まったり、もうそれは大変でした。

そして12年たってオファーが来た。
なぜ今俺?とも思いましたが、なんだかんだ言って鹿殺しは上京する頃から動物電気を全員で観に来てくれたり、みんなが共同生活している家に遊びに行ったり、ちょこちょこ接点を持っていた劇団なので、親戚の子たちみたいなイメージがある。
しかも、20周年かぁとお祝いの気持ちもあり怖かったけど出ることにしました。
「キルミーアゲイン」は初演を本多劇場で観ていて、面白かった思い出があったというのもありました。

12年前は何を言っているかわからなかったのと、あまりに言うことを聞かなかったなというのもあり、よし今回はどんな意味不明なことを言われても、やってみよう、というのが目標のひとつでした。

鹿殺しは12年前と打ってかわって、かなり穏やかになっていました!久々に参加した花組芝居の谷山知宏くんとも、丸くなったねと言い合うくらいに。
でも相変わらず劇団員は朝から晩まで大変そうです。
小道具を作り、楽器の練習をし、ダンスの振り付けを作り、よく毎日やってるなともう感謝しかありません!

お芝居はと言うと
17年前の水害でたくさんの被害が出た村。
また今、ダム建設で水の底に沈もうとする村を、起死回生のお芝居で止めようとする男たち。
というような話。

俺は、今はダム建設の土地の買い上げをしている不動産屋だが、いつしか皆に巻き込まれて芝居作りに関わっていく男、大蔵を演じさせていただきました。
初演では作の丸尾丸一郎がやっていた役です。

今回もチョビのダメ出しは難解でした。
「背中に村を背負って」
「いつでも一番いい位置取りの男で」
「怖い人というよりは大きい人で」
全然よくわからなかったですが、今回はとにかく言われたことをやろうとしてみようとやってみました。
出来たかどうかはわかりませんが、いつも僕がやってしまう役を自分に寄せてしまうやり方とは違う楽しさがあったと思うし、それをお客様も楽しんでくれている気がしました。

ていうかお芝居ってそういうものなんじゃないか!
30年近くやってきてそんな当たり前のことをやってこなかった!そんな事を考えた公演でした!

終わってみると楽しかったけど、やっぱりまたしばらくは出たくないな。頑張っている若手劇団員たち、親戚の子たちのこれからも、また外から見守りたいと思います!

そういえば誕生日に、客演の梅津瑞樹くんがまだ稽古に参加して間もないのに、Twitterでコバけんさんの好み調べました!と言ってゲッターロボのプラモデルをくれました!なんていい奴なんだ!イケメン界でも一番のいい奴に間違いない!

長々書いてしまいましたが、そんなコバけんの10月でした!

さて!
毎週配信されていた、我らが座長政岡泰志が出演しているコントドラマ「人類最後の○○」が全配信を終えました!
まだまだ全話観られます!
メチャクチャ面白いのでぜひ観てください!
バックナンバーはこちら
https://lin.ee/on599ay?utm_source=copylink&utm_medium=share&utm_campaign=none

そして、メンバーからの活動報告です!
今月はヨシケン改さんから!

「12月に久々の舞台公演出演があり、まもなく稽古開始です。
辻修さんとリモート飲みしてます。M1に出よう、とか言ってきます。ネタまで書いてきます。結構面白いのでむげにできません、、」

なんと!まだサムヨシ活動中だったのか!?
ていうか、辻、何かまたやりたがってるな!?
まさか芝居の世界に戻るのか!?今後の動向を要チェックだ!

動物電気メンバーのブログやTwitter、各情報は

動物電気ホームページ
https://www.doubutsu-denki.com/

でも見られます。
ぜひチェックしてみてください!

それではまた!
11月の活動報告でお会いしましょう!

コバけん

小林けんいち(こばやしけんいち)〇1972年生まれ、長野県出身。93年の旗上げより動物電気全ての作品に参加。胸毛を燃やしたり、体をはったギャグはおなじみ。一番楽な姿はふんどし姿ともはやコバケンブランドを築きつつある。そのかいあってか外部客演、映像への出演も多数。

[動物電気☆営業部からのお知らせ]
動物電気☆営業部では、動物電気および所属俳優、作家、演出家へのお仕事の依頼を承っております。舞台・映 像、その他、動物電気であれやってほしい! という皆様、どんなお仕事でも構いません。ひとまず一度ご連絡ください。お仕事のご依頼はメールまたは電話にてお待ちしています。
<動物電気☆営業部>
info@doubutsu-denki.com
TEL 090-3212-4403

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 小野寺ずるの【女の平和】
  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

日刊☆えんぶの最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.106「とらになる」
【ふれあい動物電気】新連載 髙橋和美「岡山のドジ」第11回「柿酢」
【小野寺ずるの女の平和 WEB】第一回「7人の役者〜2022はどんな年?〜」
【ふれあい動物電気】森戸宏明の「立ち喰い蕎麦探訪記」第23回 日本一怖い街 新宿歌舞伎町 ドラマにもゲームにもなってるけど そばも美味いよ!
【松永玲子の「今夜もネットショッピング」】「コレクションか?」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報