お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第56回 みのすけさん(ナイロン100℃、俳優)

むしろこっちが人生相談したい気持ち満々のコラム、「池谷のぶえの人生相談の館」です。

ナイロン100℃「イモンドの勝負」お稽古の日々です。
5月のイキウメのお稽古時には、体調不良と戦いながらの日々だったので、毎日が予測不可能で一日を無事に終えることで精一杯でしたが、今回のお稽古の日々は、体調的には以前のような状態に戻りつつあり、健康という基盤があるってなんて幸せなことだったんだろうな…としみじみしております。

そして久々のナンセンス・コメディ。
痺れます。こればっかりは何度やっても「ああ…そうだった!」と、毎回その難しさの壁に新たにぶち当たります。

樹海に例えるなら…樹海です。
例えようとしましたが、例えようがないくらい樹海です。
演劇の方位磁針が効かなくなる感覚です。

しかし、絶滅危惧種くらいに少なくなっているジャンルではあるので、その灯を大事に大事に残さないとなぁとも思います。

この感覚も何度やっても訪れるのですが、ナンセンスのお稽古をやっていると、いつの間にか壮大な気持ちになってゆくのですよね…。
前回3年前のナンセンス時には、フィギュアスケートの金メダルを目指しているような気持ちになったものです。

今回は、いまのところ選挙管理委員会のような気持ちです。何かを勝たせなければ、世界は変わらない…的な。そんなお話ではまったくないわけですが。

お稽古時の気持ちからしてナンセンスになるわけですね。恐るべしナンセンス。

さて、今回のご相談はナイロン100℃から、この方です。

*****

拝啓 池谷のぶえ様。
只今、ナイロン公演「イモンドの勝負」の稽古で毎日顔を合わせている中、僕を指名してくださりありがとうございます。大変光栄です。

では相談です。
僕は今、基本名古屋に住み、仕事の時だけ東京に来るという生活を10年間続けています。
子どもももうすぐ11才。
そこで、今家族で計画しているのは、田舎暮らし。自然のある場所への移住です。
家庭菜園やったり出来る一軒家が理想です。
今住んでいる名古屋も都会なので、岐阜辺りの畑を借りたり、田んぼを借りたりして少しは自然に触れる生活に移行してきたものの、やはり舞台の稽古から本番は、ほとんど東京生活なので、家族になかなか会えません。
なので、東京(高齢の母が居る)と名古屋(妻の両親が居る)の中間をとって静岡の東京寄り、または山梨あたりなどの田舎に、子どもが中学に上がるくらいから引っ越したいなと〜目論んでいます。
その辺なら舞台の間ももう少し帰りやすいかなと。
そこで、移住するにあたってどんな事に気をつけたら良いでしょうか?

あともう一つ。
僕も56才になって、自分の身体を上手くコントロール出来ない時が増えてきました。
先日、舞台稽古の最中に全く自分の意思とは関係なくオナラが出てしまいました。
家族と居てもオナラは良く出てしまいます。
どうしたらオナラを人前でしないようになれますか?

二つの相談、よろしくお願いします。

みのすけさん(ナイロン100℃、俳優)

*****

私は長く茨城で育ったので、いまだに草木や鳥や虫の声が近くにないと、心身が弱っていく感覚はあります。

途中、茨城県で28年、千葉県で21年ほど暮らして、とうとう1年前に都会にやってきましたが、無意識にマンションの隣に草木がたくさんある場所を選んでいました。朝には鳥の声もたくさん聞こえ、秋には虫の声もたくさん聞こえて、思ったより理想的です。

少し残念なのは、大好きな星空がだんだん見られなくなってきていることです。
住処が都会に向かうにつれ、空の大きさも小さくなって、空の暗さも明るくなって、なかなか星をきれいに見ることができません。
その度に、私もいつか、満天の星空が見られる場所に住みたいなぁ…とは思ったりします。

そして、50歳という一線を越えると同時に、人生も具体的なゴールテープが見えるような気がしてきて、やりたいことがあるならやっておくべきですし、たとえそれが失敗してもまもなくゴールなわけですから、そんなに長い期間後悔することもないでしょう。

なので、みのすけさんが移住生活をしてみたいという想いは大賛成です。
しかし、いざ現実問題となると、いろいろシミュレーションが必要ですよね。

みのすけさんの主なお仕事場は東京ですし、東京にはご高齢のお母様、名古屋には奥様のご両親、という、できればすぐに出向けた方がいい場所が、東京と名古屋。

確かに中間地点を考えられたら、静岡、山梨あたりは素敵ですね。
主な移動手段が電車となると、東京と名古屋間の移動の利便性では静岡なのかもしれません。ただ、今後どれくらいの頻度で東京や名古屋に通う可能性が出てくるかは、みのすけさんの肌感覚でしかないのでなんとも言えませんが、どこに住むにせよ車の免許だけは必要かもしれませんね。

みのすけさんが免許をお持ちかどうかは存じ上げないのですが、もしまだお持ちでなければ、まずは免許を取る。それだけで、場所の選択範囲が広がると思います。

また、みのすけさんが東京で生活されている間も、奥様とお子さんが日常生活にあまり不便を感じないよう、生きて行く上で必ず必要になってくる日々の食料品や日用品の買い物先、今後ますますお世話になるであろう病院あたりの利便性、お子さんの進学先のチェック。

その後、住んでみたい土地を2~3か所目星をつけて、お試し移住をしてみる。

よくあることですが、何にもない場所でゆったり数日過ごしたい…と、もちろん何にもない場所に旅行に行くと、本当に何にもなくてこれじゃ日々の生活が難しい! という気持ちになることがあります。

お試し移住をすることで、生活のイメージは得られると思いますが、残るはその土地でのコミュニケーションです。
こればっかりは少し住んだくらいではわかり得ないことではありますが、その土地で多くの時間を過ごすことになる奥様やお子さんが、心地よく暮らしていける環境だといいですね。
幸い、地域に溶け込む術は、みのすけさんは何の心配もいらないと思います。笑

いずれにせよ、旅行でもなく、憧れだけでもなく、「現実的に長い期間暮らす」ということを、ある程度真剣にシミュレーションする必要があるかなと思います。

移住のタイミングは、お子さんが中学校に上がるくらい…とのことなので、もうほとんど時間もありませんね。
場所については、みのすけさんの中ではもはや具体的な目星がついているかもしれませんが、もし車の免許がなければ免許を取る、目星をつけた土地に一週間ほど滞在してみる、などが早々に必要ではないでしょうか。

そして、人前でおならをしなくなるためには…ですが、小さじ1/3のウコン(空目しないようご注意下さい、ウコンです。もう一度言いますウコンです)を、温めた豆乳1カップに入れて飲むと、過剰なガスの生産を予防してくれるそうです。

うつ伏せで5分ほどゆったりとし、その後左右にゴロゴロ転がることで、余分なガスが出ないようにもなるそうです。

朝起きたら、まずはうつ伏せになってゴロゴロし、起きたらウコン入りの温かい豆乳を飲んで、お稽古の前のアップ時にもしばしうつ伏せになってゴロゴロしたら、確率は減るのではないでしょか。

でも、家族の前でフリーダムにおならができる環境は素敵だと思います。

これから移住するであろう大自然の中で、みのすけさんが気持ちよく放屁できる未来をお祈りしています!

 

■ラッキー待ち受け

初めて上高地を訪れた時の満天の星空が忘れられません。
もちろん毎日眺めることができたら最高なのだとは思いますが、人は毎日近くにあるものを当たり前と思ってしまいがちなので、そうもなりたくはないですし…人間って困ったもんですね。
満天の星空の写真がうまくとれなくて残念だったな…と思った帰り道の高速バスの窓についた雨の水滴が、満天の星空にそっくりでした。
私もいつか、こんな星空の土地に住みたいです。

■みのすけさんの今後の予定
ナイロン100℃ 47th SESSION「イモンドの勝負」
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
2021年11/20(土)〜12/12(日) 本多劇場
12/18(土)~19(日) 兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール
12/21(火) JMSアステールプラザ 大ホール
12/25(土)~26(日) 北九州芸術劇場 中劇場
詳細 → ナイロン100℃ 47th SESSION 「イモンドの勝負」 | 【公式】株式会社キューブ オフィシャルサイト (cubeinc.co.jp)
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/nylon47th

NHK BS-1
テレビドキュメンタリードラマ「命のバトン ~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」
2021年11/18(木)20:00~

 

【筆者プロフィール】
池谷のぶえ
いけたにのぶえ94年より04年の解散まで劇団「猫ニャー」の劇団員として活動。解散後は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、NODA・MAP、蜷川幸雄演出作品など数多くの舞台に出演。

[出演情報]

【舞台】
ナイロン100℃ 47th SESSION「イモンドの勝負」(作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
【東京公演】2021年11月20日(土)〜12月12日(日) 本多劇場
【兵庫公演】2021年12月18日(土)~19日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【広島公演】2021年12月21日(火) JMSアステールプラザ 大ホール
【北九州公演】2021年12月25日(土)~26日(日) 北九州芸術劇場 中劇場
https://sillywalk.com/nylon/schedule.html
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/nylon47th

【舞台】
「お勢、断行」(原案:江戸川乱歩、作・演出:倉持裕、音楽:斎藤ネコ)
2022年5~6月 世田谷パブリックシアター ほか、兵庫 ・ 愛知 ・ 長野 ・ 福岡 ・ 島根 にてツアー公演あり
https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/


【テレビ】

Eテレ アニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
毎週火曜 18:45~18:54
声:銭天堂の店主・紅子役
https://www.nhk.jp/p/zenitendo/ts/4NX2MRW758/


【テレビ】

BSテレ東 土曜ドラマ9「執事 西園寺の名推理」再放送  毎週土曜 21:00〜21:55
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/shitsuji/


【コラム】

福岡のエンタメ情報誌 シアタービューフクオカ「めずらしく体調のいい日に」
https://tvf-web.com


【DVD】

イキウメ「外の道」(作・演出:前川知大)
2021年6月、シアタートラムで収録された舞台公演DVD
発売中
https://www.ikiume.jp/tuhan.html#sotonomichi

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

単行本『贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~』えんぶ★ショップにて独占販売中!

日刊☆えんぶラインアップ

  • 小野寺ずるの【女の平和】
  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

池谷のぶえ『人生相談の館』の最新記事

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第62回 大空ゆうひさん(俳優)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第61回 片山福十郎さん(声優・俳優・邦楽囃子名取「住田福十郎」)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第60回 松永玲子さん(俳優・劇団「NYLON100℃」)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第59回 小沢道成さん(俳優・作家・演出家、「虚構の劇団」「EPOCH MAN」)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第58回 秋草瑠衣子さん(演出家・俳優・作家・PUNKBANK主宰)

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報