お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第46回 山崎一さん(俳優)

むしろこっちが人生相談したい気持ち満々のコラム、「池谷のぶえの人生相談の館」です。

2021年になりましたね。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
とはいえ、おめでたさに思い切り身を任せられない日々であります。

3ヶ月半という公演期間、外部の人と会えなかったのを取り戻す気満々だったのに、再びのザワザワ感。
実家からも帰ってくるな宣言を受け、ただただコトコトと黒豆を煮る正月でした。

なんでしょう…年々おせち料理に入っているものに興味が沸いてきますね。特に甘い系。

若い頃は、伊達巻や黒豆や栗きんとんにほとんど興味がなかったのに、数年前から黒豆が、昨年からは伊達巻がやけに美味しく感じてきました。このままいくと、今年か来年あたりには栗きんとんに突入します。

ただ、なかなか餅に興味を持てないのがコンプレックスです。
だって、みんなキラキラした目で餅を語るじゃないですか。
私からしたら、飼ってるワンちゃんやネコちゃんを語るのと同じくらいの熱量を感じます。

いつか、寝てる餅、散歩してる餅、毛づくろいしてる餅…そうした餅の写真を見せられるのではないか…そんな世の中が来る前に、なんとかして餅に興味を持ちたいものです。

さて、今回のご相談は、こんなにお芝居の上手な方はあまりいないのじゃないか…世間はもっとそこに注目した方がいいのじゃないか…いったい世間は俳優の何を見ているのだ…とずっと思い続けている素晴らしい先輩からのご相談です。

*****

このコロナ禍で小さな劇団、小さなプロデュース公演が潰れず、生き残っていくためには何をどうすればいいのでしょうか?

山崎一さん(俳優)

*****

昨年からの演劇界は、本当に翻弄されましたね。
人が集まってこそのものが、人が集まれないという事態になるなんて、もうどうにもならない絶望感がありました。

しかし、舞台を奪われた方たちは、その時点で考え得るいろんなアイディアや手段を使ってなんとか表現を続け、夏頃からはぽつぽつと公演も再開することができました。

とはいえ、またまた緊急事態宣言です。
初めての時より、経験から得たことや具体的な対応策なども見えてきたので、なんとか公演も続いてはいますが、いつまたシャッターが下りてしまうかわかりません。

そんな中、むしろ状況に応じて身軽に動けるのは、大きな作品よりも、小さな劇団や小さなプロデュース公演の方なのかもしれませんが、小さいなら小さいなりに、人やモノやお金や時間がそれなりに必要だということも、劇団の運営や小さいながらも公演を企画したことのある身としては実感があります。

ということは、いままでのような流れでの演劇のつくり方では、コロナが落ち着くまでのしばらくの間、物理的にも精神的にもリスクが大きくなってしまいます。

乱暴な言い方をすれば、まずは、潰れることを前提にしておいた方がいいのだと思います。
潰れる、という表現は的確ではないかもしれませんが、ひとつひとつの作品が最初で最後であり、必ずしも公演できるとは思わないで向き合って行く。
ただし大切なのは、前向きにそう構えておく必要があるのではないかと思うのです。

いままでは、劇団でもプロデュース公演でも、世に発表する前に頓挫する以外は、よっぽどのことがないかぎり高確率で上演できていました。しかし現在は、半分くらいの確率かもしれません。できるか、できないかが、同じくらいの確率で千穐楽までヒタヒタとついてくるのです。

ただしそれは、初めに決めた通りに上演する場合です。いわゆる、いままでのやり方の場合です。
しかし、初めに決めたことが難しくなったら柔らかく変化していくことで、公演が継続できる確率は上がるのではないでしょうか。

演劇界は、そんなに広い世界でもないと思いますが、こっそりと秘密が多く、風通しがいいようには思えません。各々の想いやセンスごとに素晴らしい作品づくりを追求し合っているのですから、仕方がないのではありますが。
もちろん、それは素晴らしいことですし、これからもぜひそうありたいのは前提で、情報や能力を柔軟にシェアし合っていくことも、これからの「潰れない」ための「変化」なのではないでしょうか。

例えば、俳優さん、アンダーさん(出演予定の俳優さんが出られなくなった場合の新しい俳優さん)、作家さん、演出家さん、制作さん、スタッフさん、お手伝いさんなど、「この時期動けます」という情報をシェアできるリストや場があって、演劇界を大きく支え合えたらいいですね。

ですが、どうしても決まったメンバーでしかやりたくないという作品ももちろんあると思います。それはもう、やってみるしかありませんし、もしその時期が難しいならまた別の機会を探るしか方法がありません。

そういった、いままで通りの作品づくりと、もし難しい場合は変化を受け入れてもいい作品、そんないろんな演劇界でもいいのではないでしょうか。

ただ、変化を受け入れる際に大切なのは、その作品をどうしてもやりたいという想いを強く持った人が、最低一人は必要だということです。そうでないと、あっという間に崩れます。経験上、肌で感じます。

ということは、いままで通りの作品づくりにしろ、変化を受け入れる作品づくりにしろ、いま強く必要なのは、やりたい想いがどれだけのものか、ということな気がします。

私も大ファンのgood morning N°5(澤田育子さん、藤田記子さん、久保田南美さんのユニット)では、公演に際しクラウドファンディングを行い、当初200万円の目標からスタートし、最終的に483万7568円の支援が集まったといいます。

いままで彼女たちが、本当にやりたいことを、本気で体現してきたことに対してのリスペクト、そして、このような状況のせいでそんな素敵なユニットがなくならないでほしい…という想いが、この支援額に表れていると思います。

相手役の変化によって、こちらも受け取り方を変化させていく、会場の空気を感じすり交ぜて作品を豊かにしていく。
本当にやりたいことを、本気で表現すること。

私たちが舞台上でずっと大切にしてきた、そんな繊細な変化やパワーを、演劇界全体という舞台でもつなげていけたら、救い合えるのかもしれませんね。

ということで、ささやかながらnoteはじめてみました(iketaninobue)。
先の見えにくい演劇界、いろいろ共有しあっていけたらと思います。

 

■ラッキー待ち受け

一さんとは、久しぶりに舞台をご一緒させていただきます。
お稽古はもちろんマスクありきになると思いますが、マスクがあると表情を見ることができません。しばらくはコロナと共存していかなければならない演劇界の未来のために、表情の見えるマスクを購入してみました。フェイスガードと違って、口元を完全に覆い、フィルターを通して空気を循環するマスクです。
しかし、初めましての方もいらっしゃる中、いきなりこれを装着してお稽古するのは勇気がいります。よきタイミングで「あ~、顔が見えるマスクがあるといいな~。ないだろうな~」と、一さんに演技していただき、「そういえば、昨日届いたのですが…」と私がおもむろに取り出す…そんな段取りはいかがでしょうか?

■山崎一さん今後の予定
シス・カンパニー公演「ほんとうのハウンド警部」(作:トム・ストッパード、翻訳:徐賀世子、演出:小川絵梨子)
2021年3月5日(金)~31日(水)
Bunkamuraシアターコクーン
http://www.siscompany.com/hound/


こまつ座 第136回公演「父と暮せば」(作:井上ひさし、演出:鵜山仁)
2021年5月21日(金)〜30日(日)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
http://www.komatsuza.co.jp

「砕け散るところを見せてあげる」(監督・脚本・編集:SABU)
2021年4月9日(金) 公開
https://kudakechiru.jp

「シン・ウルトラマン」(企画・脚本:庵野秀明、監督:樋口真嗣)
2021年初夏 公開
https://shin-ultraman.jp

 

【筆者プロフィール】
池谷のぶえ
いけたにのぶえ94年より04年の解散まで劇団「猫ニャー」の劇団員として活動。解散後は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、NODA・MAP、蜷川幸雄演出作品など数多くの舞台に出演。

[出演情報]

【舞台】
シス・カンパニー公演「ほんとうのハウンド警部」(作:トム・ストッパード、翻訳:徐賀世子、演出:小川絵梨子)
2021年3月5日(金)~31日(水)  Bunkamuraシアターコクーン
http://www.siscompany.com/hound/


【テレビ】

Eテレ アニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
毎週火曜 18:45~18:54
声:銭天堂の店主・紅子役
https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=zenitendo

【テレビ】
テレビ東京 ドラマ24「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」
2021年1月スタート

【テレビ】
NHK「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」準レギュラー
https://www.nhk.or.jp/life/

【テレビ】
テレビ朝日「妖怪シェアハウス」再放送
毎週金曜 27:00〜


【コラム】

福岡のエンタメ情報誌 シアタービューフクオカ「めずらしく体調のいい日に」
https://tvf-web.com

【動画配信】紙芝居風ラジオドラマ
紙立体映画館「ローマの休日」

https://www.youtube.com/watch?v=-9NMgpRPYPk

「roomaの休日」zoom風収録風景バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=6R_3w_dLiE4

【動画公開】イキウメ「外の道WIP」
https://sotonomichi.jp

【動画配信】無観客配信ライブ 入江雅人×池谷のぶえ 二人朗読「ローリングサンダーリーディング」
https://live.line.me/channels/2632380

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

単行本『贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~』えんぶ★ショップにて独占販売中!

日刊☆えんぶラインアップ

  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

池谷のぶえ『人生相談の館』の最新記事

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第47回 峯村リエさん(女優、NYLON100℃)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第46回 山崎一さん(俳優)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第45回 池田成志さん(俳優)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第44回 弘中麻紀さん(女優・ラッパ屋)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第43回 河原雅彦さん(演出家・脚本家・俳優)

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報