お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

いよいよ開幕間近!明治座氷川きよし特別公演に出演 彩輝なおインタビュー!

氷川きよしが芝居と歌で繰り広げる座長公演「氷川きよし特別公演」が、6月3日~7月4日、東京・明治座で開幕する。(のち、7月23日~8月5日に大阪・新歌舞伎座、8月15日~8月27日に福岡・博多座、9月5日~9月15日愛知・御園座でも上演)。

作品はこれまで数々の時代劇を演じてきた氷川が、初の現代劇、さらには18世紀のフランスへタイムスリップして様々な扮装も楽しめる『ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール』と、氷川の数多い演歌のヒット曲から、最新のロック&ポップスまでを、劇場版特別セットリストで贈る『氷川きよしコンサート2022 in 明治座』の豪華二本立てとなっている。

そんな作品で氷川きよしとの初共演を果たす、元宝塚歌劇団月組のトップスターで、現在女優として大活躍を続ける彩輝なお。夢いっぱいの作品に参加する意気込みや、氷川との共演への期待、さらにエンターティメントへの思いまでを語ってくれた。

作品世界の楽しさ、様式美を体現していきたい

──この作品のオファーを受けられた時の気持ちから教えていただけますか?

久しぶりの明治座さんの作品でとても嬉しかったです。大好きな劇場でもあり、思い出深い劇場でもありますので、また明治座さんの舞台に立たせていただけることがとても嬉しかったです。

──座長の氷川きよしさんについてはいかがですか?

私は宝塚時代に氷川さんとはトークイベントでご一緒させていただいたことがあるんです。

──そうだったんですね!

はい、2001年でしたので20年以上前になりますが、またこういったご縁をいただけてありがたいですし、とても楽しみにしています。

──『ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール』という、フライヤーのビジュアルからも、様々な想像がふくらむとても発想豊かな作品ですが、作品については今いかがですか?

おっしゃる通り本当に発想豊かな物語で、明治座らしく笑いあり、ちょっとほろっとするところもある、心が洗われるような素敵なお話だと思います。あとは私の勝手なイメージなのですが、本を読んでいて主人公の、氷川さん演じる子門慧音(しもんけいと)が、氷川さんそのままな説得力がすごくおありになると思いますのでとても楽しみです。ビジュアル的な華やかさもありますから、私もこの世界の様式美を体現できるように頑張りたいと思います。

──最もお得意とされるところですよね?

いえいえ、得意と言えるものではないのですが、宝塚時代に学んできたものを生かせるように頑張ります。

──そのなかで、演じる役柄については?

慧音が、18世紀フランスにタイムスリップして出会う、フランスの貴族令嬢ショコラを演じます。作品のなかで役柄がどのように表現されていくのかは、演出の堤さんとご相談の上で作っていきたいですが、個人的な気持ちをストレートに申し上げますと、この年齢になって箱入り娘の役が来るとは想像もしておりませんでしたので(笑)、自分の中では今年最大のトピックスではあります。相当な驚きと、少しの気恥ずかしさもありつつ、あまりにキャラクター性が強くなってしまいますと、とても箱入り娘には見えなくて、出たとたんにそれが喜劇になってはいけませんから(笑)。

──彩輝さんのエンジェルスマイルなら大丈夫です!

いえ、何分人生の経験もございますので(笑)、そこは気をつけながら、どのように物語の中で生きられるか、精進します。

──具体的に、どういう経緯でというのは観てのお楽しみだと思いますが、作品のなかで男装をされると伺っています。

そうなんです。宝塚を卒業してからだいぶ時間が経っていますが、宝塚のOG公演にも色々と出演させていただいてもいるので、思い出すにはそんなに時間はかからないとは思います。ただ宝塚出身者だからこそ、という責任もございますので、これからまた色々お稽古をして、皆様にお楽しみいただけるように頑張りたいと思います。

──共演者の方々についてはいかがですか?

今回ほとんどの方とはじめましてで、宝塚の下級生の愛原実花ちゃんも出演されますが、ご挨拶はしていますけれども、共演は初めてになります。なので、新しい出会いを楽しみにしています。

劇場空間でお客様と共に過ごせる尊さ

──先ほども大好きだとおっしゃいましたが、舞台に立たれていて感じる明治座の魅力はいかがですか?

舞台から客席がとても近く感じられて、客席との距離感があたたかなんですね。劇場の空間をお客様と共に過ごせる、とてもいい劇場だと思っています。出演させていただくだけでなく、観客として訪れることも多いのですが、休憩時間に色々なお店を見て回ったりなど、一人で来ていてもすごく楽しめる劇場です。

──お芝居はもちろん、劇場で過ごしている時間全部が娯楽だなと思えますよね。

そうなんです、コロナ禍ではありますが、感染対策に万全の注意をして、お店もやってくれていて、私は出演していても時々、今回は何を売っているのかな?どんなお土産品があるかしら、とチェックしにロビーを探索することもあります(笑)。こういう時代だからこそ、一日楽しんでいただけるのはとても大切なことだと思いますし、申し上げたように感染対策には本当に気を配って、しっかりとやってくださっているので、是非安心してお楽しみいただきたいです。

──本当に今こそ、こうしたエンターティメントで心安らげる場所は必要だなと感じますが、この期間に彩輝さんもエンターティメントに携わられる側として、お考えになることも多かったのでは?

新型ウィルスの流行という想像もしていなかった事態になって、舞台もそうですが、コンサートやライブや、他にも様々なお客様と直接交流できる場が閉ざされていった時には、自分も先がまったく見えませんでしたし、これをすれば解決するという確かなものが誰にもわからない、その不安感というのはエンターティメントに限らず、誰もが等しく感じていたと思います。そのなかで私も色々考えましたし、気持ちが暗くなってしまった時期もあります。でも少しずつ少しずつみんなで模索しながら、いま最善だと思えることをして動き出す大切さもよくわかりました。支えてくださっている方々の情熱と一体感を感じられたのは本当にありがたいことで、心から感謝しています。何より、こうしてまた舞台の幕を開けることができたのは、お客様が待っていてくださったからこそですし、こうして人と人とが交流できる場を持てるのは、皆さまのおかげだと思っています。

みんなでこの状況を少しずつ乗り越えて、それぞれのカンパニーが試行錯誤しながらやってきていると思いますが、皆が強い気持ちをもって、見えないところと戦って、打ちひしがれながらもまた次に進めるようにと、前進していく力はすごいことだな、本当に素晴らしいなと思います。舞台があって、初日の幕が開く。当たり前だと思っていたことが当たり前ではなかったという事態に直面したからこそ、人と人が接する尊さや、困難を共に乗り越えていこうとする強さを改めて知ることができましたし、私自身もそうしたことに対してたくさんの感謝の気持ちを持つことができました。コロナ禍が良いことだとはもちろん少しも思いませんが、そのなかからこうしたことが学べたのは、自分にとって糧になる経験になっているのではないかと、そう思いたいです。

──私たち観客側としても、劇場が閉まってしまうことがあるなんて思ってもみませんでしたから、こうしてまた明るい作品のお話が伺えることがとても嬉しいですが、ご自身も身体をきたえることを改めてはじめられたと伺っています。それはどのようなきっかけで?

どちらかというと出不精な方ではあって、何かを取り組むにしてもちょっと時間がかかってしまう、慎重になりすぎてしまうところがあるんですね。でも、そこから抜け出すタイミング、こういう事態でちょうど時間ができたこともあって、ダンスレッスンやジムに行ってみよう!と思えたんです。例えばジムでも、もちろんマスクはしていますが、空調のシステムをきっちりされていると分かれば安心して通える。そういうことを自分自身で感じることで前向きになれました。じっくり考えることも必要ですし、この期間はそういう時間にもなったと思いますが、やはり身も心もきちんと動いていないと健康にはなれないんだなとも感じていて。それは運動だけではなくて、前向きに行動するということすべてがそうなのかなと。今はまだどんどん出歩こう!という状況には届いていないと思うのですが、やはり一歩前に出るって、とても大切だなと感じました。

──確かに「よし、海外に行こう!」という感覚にはまだ届かないと思いますから、こういう作品を拝見して、舞台の上で旅行できる感覚になれるのも素敵ですね。

本当に。時代も国も超えてというのは、この舞台の物語ならではですし、楽しめる要素がたくさん詰まっているんです。特に18世紀フランスの貴族社会って、衣装ひとつとっても本当に豪華で、あちこちでしょっちゅうやっているという題材ではないので、華やかな世界をお客様にお楽しみいただけたらと思います。

──舞台への期待が高まりますが、では楽しみにされている方々にメッセージいただけますか?

是非このタイムスリップしたような時間と、空間を楽しみに劇場に足をお運びいただけると嬉しいです。お客様が皆さんマスクをされている姿を初めて舞台から拝見した時には衝撃もありましたが、そのマスク越しにも楽しんでくださっている、笑顔になられているのが感じられ、さらに感動いたしました。拍手にもたくさん力をいただきました。皆様が笑顔になれる本当に温かい、楽しい作品ですので是非笑顔になりにいらしてください!お待ちしています!

あやきなお〇神奈川県出身。1990年宝塚歌劇団入団し、2004年月組トップスターに。『エリザベート』の黄泉の帝王トート役等で活躍。05年退団後は女優に転身。『ピアフ』のマレーネ・デートリッヒ役を持ち役にするなど、多彩な活躍を続けている。近年の主な舞台作品にシスティーナ歌舞伎『GOEMON』SUPER PERFORMANCE『SHOW STOPPERS!!』『ドリアングレイの肖像』ミュージカル『ハムレット』風男塾ミュージカル『Believe~遙かなるプロキオン~』『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』リーディング公演『とんでもない女』などがある。

【公演情報】

明治座 氷川きよし特別公演
『ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール』
『氷川きよしコンサート2022 in 明治座』
出演:氷川きよし
彩輝なお、山崎銀之丞、曽我廼家寛太郎
なだぎ武・星田英利(Wキャスト)
西寄ひがし
愛原実花/城山美佳子/伽代子/安永稔
浅利悦子/高橋佑一郎/杉山圭一/小多田直樹/鈴峯ゆい
福田健二/岩崎祐也/山本佳志/川手祥太/大中莉雪/小野田真子
● 6/3~7/4◎明治座
〈料金〉
プレミアムきよシート(オリジナルチケット・グッズ付・1階席前方2列以内確約)30,000円
きよシート(オリジナルグッズ付・1階席前方8列以内)20,500円
S席(1階席・2階席正面・車いすスペース) 16,500円
A席(2階席左右)10,000円
B席(3階席)6,500円
〈お問い合わせ〉明治座チケットセンター:03-3666-6666(10:00~17:00)
〈公式サイト〉https://www.meijiza.co.jp/lineup/2022/06/

 

【取材・文/橘涼香 撮影/岩田えり】

記事を検索

宝塚ジャーナルの最新記事

MusicalVariety 『三都物語』~京都・巴⾥・東京 装束サマーフェスティバル~ 再演が決定!
深作組の「新ドイツ三部作」第一弾、舞台『オルレアンの少女-ジャンヌ・ダルク-』上演決定! 
宝塚 OG が届けるスタイリッシュなエンターテインメントショー『CHARME*LIEN』静岡で上演!
岡本圭人主演でミュージカル『盗まれた雷撃 パーシー・ジャクソン ミュージカル』上演決定!
ルイージ・ルナーリの代表作『住所まちがい』を白井晃演出で豪華キャストにて日本初演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報