お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

丸美屋食品ミュージカル『アニー』2019 が開幕!

人気ミュージカル『アニー』が、今年も新アニー2人を迎えて、4月27日、東京・新国立劇場 中劇場にて開幕した。8月からは、大阪・松本・仙台・広島・名古屋にて上演される。

本作は、1924年からアメリカで新聞連載がスタートした漫画「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さい孤児アニー)」をもとに、1977年にブロードウェイのアルヴィン劇場(現ニール・サイモン劇場)で誕生。同年のトニー賞において、作品賞をはじめ7部門を受賞し、現在も世界各国で上演され続けている。日本公演は、日本テレビ主催で1986年にスタートした初演から上演を続け、全国で約176万人を超える観客を迎え、今回で34年目となる。

演出は山田和也が2017年から担当、大幅なリニューアルを行って3年目となる。そして今年も個性と実力を兼ね備えた2人のアニー・岡菜々子(おかななこ)&山﨑玲奈(やまさきれな)、さらに12名の孤児役、12名のダンスキッズ役が登場、生き生きとした魅力を振りまく。

大人キャストには、2017年公演より3年連続出演となる ウォーバックス役の藤本隆宏、ルースター役の青柳塁斗。さらに、ハニガン役には7年ぶりの舞台出演となる早見優、ウォーバックスの秘書グレース役には元宝塚娘役トップの蒼乃夕妃、ルースターの恋人リリー役に服部杏奈など、人気と実力を備えたメンバーが加わっている。

舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていた。誰もが希望を失っているなか、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。11年前、孤児院の前に置き去りにされたというのに、いつか両親が迎えに来ると信じて、逆境にひるむことなく前向きに生きている。孤児院の院長ミス・ハニガンは、孤児たちの面倒をみるのにうんざり。素敵な男性が現れることを夢みている。

そんなある日、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースに気に入られたアニーは、クリスマスの2週間をウォーバックスのもとで過ごすことに。ウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うようになる。しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢をあきらめない。

その強い気持ちに打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけて彼女の両親を捜すことにする。ところが、それを知った孤児院の院長ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てに悪だくみを始めて・・・。

アニーが街で知り合った犬のサンディやウォーバックス邸の召使いたちとの交流、さらにアメリカ大統領ルーズベルトまで登場するという、見どころ満載の楽しいミュージカルだ。

初日前日の4月26日、新国立劇場 中劇場にて公開ゲネプロ&囲み取材が行われ、アニー役の2人とウォーバックス役の藤本隆宏、ハニガン役の早見優が登壇した。

早見優 岡 菜々子  山埼﨑玲奈 藤本隆宏

【コメント】

アニー役(チーム・バケツ):岡菜々子

お稽古があっという間で本番と思うとお腹が痛くなるし、人がいっぱい動くシーンとか、舞台稽古でセットが沢山入ってきたときは、大変だなあと思ったけど、チームバケツとモップのみんなが楽しくお話をしてくれて緊張がほぐれるので、最後まで頑張りたいと思います。 同じアニー役の山﨑玲奈ちゃんとは、周りからはすごく仲良いねと言われます! ゴールデンウィークはなくなっちゃうけど、家でゴロゴロしているより舞台をやっていた方が楽しいかなと思います!自分が出ているところも見て欲しいけど、みんなの個性も出でいるので、そこにも注目して欲しいです。

アニー役(チーム・モップ):山﨑玲奈

初めての主演のミュージカルなので、頑張ってお客様達に自分のアニーを伝えられるように頑張ります。 キャストのみんなの動きに合わせて、自分の段取りをおうのが難しかったですが、流れでやってみると楽しくて、すごくワクワクしています。最後にみんなで出るクリスマスのシーンが素敵なので、そこを見て欲しいなと思います。 早見さんは、休み時間とか普段は優しいのにお稽古に入るとガラッと変わりすぎて、アレ?っとなっちゃいますけど、ハニガンにちゃんとなれていてすごいなと思います。 ゴールデンウィークというより今の季節がわからなくなるくらい集中しているので、疲れは溜まっているかもしれないけど、家にいるよりみんなでワイワイやっていたほうが、絶対楽しいなと思います(笑)

ウォーバックス役:藤本隆宏

私は3年目ではありますが、3年目といっても新しい演出もたくさんあって、全く違う作品になっていますし、アニー2人の歌声が素晴らしく、とても素直に芝居をするので、今からすごく楽しみにしています。 アニー役の2人は、形の演技をせず心で演じているところと、サンディに大変な思いもしていたようですが、ちゃんとコミュニケーションをとっていたので、素晴らしいなとおもいました。二人で励ましあっているところが、微笑ましくて、本当に仲がいいなと思います。サンディが変わったことも見所の一つかな。そして本当のブロードウェイで観ているかのような、早見さんのセクシーさとキュートさにも注目してほしいです。実は早見さん、ご自身が出ないシーンの稽古を傍でご覧になってたんですが、泣いていらっしゃって、涙を拭いながらご自身の出演シーンのお稽古に出られていました(笑)ストーリーの素晴らしさと楽曲の素晴らしさ、そして頑張っている子供たちの姿が、こんなに長年続く作品のポイントかとおもいます。

ハニガン役:早見優

初めてアニーに参加させていただきましたが、幕が開くことにすっごく楽しみな気持ちです。1ヶ月みなさんとお稽古をさせていただいて、本当に楽しかったので、早くみなさんにも楽しんでいただけたらと思います。意地悪な役は初めてで、話し方など、演出家の方に色々アドバイスをいただき、今はすっかりハニガンが降りてきていて普段からいじわるになっています(笑)心苦しさなどはなく、役としてはすごく楽しいです。アニーとウォーバックスの2人の歌を聴いているとキュンキュンしますし、感動して涙が出るくらい入り込んでしまいますね。お客様には、子供たちや、アニーを筆頭に強く生きていく女性の姿、そして素晴らしい楽曲などワクワクするものばかりなので、そこをぜひ楽しんでいただけたらと思います。

【公演情報】

丸美屋食品ミュージカル『アニー』2019

本◇トーマス・ミーハン

作曲◇チャールズ・ストラウス

作詞◇マーティン・チャーニン

翻訳◇平田綾子

演出◇山田和也

出演◇岡 菜々子 / 山埼﨑玲奈(アニー役Wキャスト)/藤本隆宏、早見優、蒼乃夕妃、青柳塁斗、服部杏奈、阿部裕 ほか

●4/27~5/13◎新国立劇場 中劇場

〈料金〉8,500円(全席指定・税込)

〈お問い合わせ〉キョードー東京 TEL:0570-550-799

【夏のツアー公演(予定)】

●8/1~6◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

●8/10◎松本・まつもと市民芸術館 主ホール

●8/17~18◎仙台・東京エレクトロンホール宮城

●8/24◎広島・JMSアステールプラザ 大ホール

●8/30~9/1◎名古屋・愛知県芸術劇場大ホール

〈公式サイト〉http://www.ntv.co.jp/annie/

 

【写真提供/日本テレビ】

 

記事を検索

宝塚ジャーナルの最新記事

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~ 第2弾ビジュアル発表!
悠久の歴史をつなぐ物語にスターのリレーを重ねた、紅ゆずる主演の宝塚歌劇星組公演『鎌足─夢のまほろば、大和し美し─』上演中!
Sexy Zone 菊池風磨の単独初主演舞台『HAMLET―ハムレット―』9月〜10月上演!
四姉妹オール新キャストで挑む令和最初の『細雪』レビュー&囲み会見レポート
明治座五月公演『細雪』 姉妹役を演じる一路真輝・瀬奈じゅん・水夏希インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報