お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

泉鏡花×鳥山昌克シリーズ第六弾『唐十郎 楼閣興信所通信』11月に上演!

唐組の舞台や蜷川幸雄作品など幅広く活躍する俳優・鳥山昌克が、自身で企画し上演する泉鏡花×鳥山昌克シリーズ。泉鏡花の戯曲をひとり芝居などの形で上演してきたが、第五弾『水中花』に続いて、唐十郎作品に挑む。今回は唐の小説を舞台化、『唐十郎 楼閣興信所通信』として11月に上演する。

私よりもそちらに気があるならば…
その人まるで、紙の女房ね…

東池袋の探偵事務所「楼閣興信社」の新入社員、田口が請け負った三つの依頼
夫の手帳につづられていた「京子」という名の正体を調べてほしいという妻の依頼、自分の弟に付きまとう女の狙いを探ってくれという姉の案件、「匂いガラス」と呼ばれるガラス片と共に何処かへ消えた恋人を探してほしいと願う若い女の依頼
調査を進めていくと、ビニールの怪しい雑誌に包まれた「京子」、弟に付きまとう女に姉が買い与えた「鏡台」が浮かび上がり、「匂いガラス」と呼ばれるものも、旧日本軍戦闘機の風防ガラスであることが判明してくる
やがて、三つの案件の背後に浮かび上がった女たちは、探偵田口の口を借りて語り始める…

【 コメント】
天童荒太(作家)
天才唐十郎の、常識をくつがえして射抜く人間像や愛の表現には、つねに驚愕し賛嘆の念をおぼえてきた。この唐表現の本質を受け継ぐ鳥山昌克が、「紙女房―楼閣興信所通信―」を小説から立ち上げ、舞台化する。台本を読ませてもらったが、倒錯した世界観と透明感のある純愛を見事に再構築している。
近藤結宥花、沖中咲子、土屋良太、岩戸秀年、山﨑薫らの実力ある役者とともに、どんな妖しい愛の華を舞台上に開かせてくれるのか、いまから楽しみでならない。

【公演情報】
泉鏡花×鳥山昌克シリーズ第六弾
『唐十郎 楼閣興信所通信』
原作: 唐十郎
構成・演出:鳥山昌克
出演:岩戸秀年 森川由樹 今井和美 沖中咲子 山﨑薫 梶原航 松井夢 鳥山昌克 近藤結宥花 土屋良太
11/27~12/1◎シアターグリーン BOX in BOX THEATER
〈料金〉前売¥4,500 当日¥4,800 U20¥2,800(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
※U20はトム・プロジェクトのみで販売。要身分証。前売当日とも同料金。
〈お問い合わせ〉トム・プロジェクト TEL 03-5371-1153(平日10:00~18:00)
https://www.tomproject.com/peformance/tori.html

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

平和三部作一挙上演で3時間の「ひとり芝居」に挑む! 風間杜夫インタビュー
佐藤隆太で一人舞台『エブリ・ブリリアント・シング』日本初演決定!
戯曲リーディングの演目が野村萬斎演出『アテネのタイモン』に決定!
全てのダンサーが主役のノン・ストップステージDIAMOND☆DOGS『ODYSSEY』上演中!
一般公募の脚本で女優3人舞台『百演』第一回公演を10月29日、浅草九劇で上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報