お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

本多劇場が6月1日から営業再開、無観客で一人芝居『DISTANCE』有料生配信

上段/井上小百合、入江雅人、伊礼彼方 中段/柄本時生、小沢道成、小林顕作 下段/近藤芳正、清水宏、永島敬三

本多劇場グループは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館していた本多劇場を、6月1日から営業再開させ、1日から7日まで毎日日替わりでひとり芝居の有料無観客生配信「本多劇場グループPRESENTS『DISTANCE』」を行うことを発表した。

一人芝居『DISTANCE』は川尻恵太と御笠ノ忠次の脚本・演出家2人が発起人となり、柄本時生、井上小百合、入江雅人、清水宏をはじめ、伊礼彼方、小沢道成、小林顕作、近藤芳正、永島敬三ほかが集結。生で観劇する状態に少しでも近づけるため有料の定額チケット制を採用。アーカイブは残さず、その日1回限りの配信となる。

この企画について制作側は次のような声明を発表した。
「全国公立文化施設協会から『新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』が発表され、劇場での演劇再開に向けて、より実践的な動きが各所で始まっています。ただ、ソーシャルディスタンスを確保した状態での興行は、その確保できる客席数から収支が成り立たないという命題を抱えています。この問題を段階的に解決していくべく、観劇スタイルの模索をおこなうのが『DISTANCE』の別働企画、『DISTANCE lab.』。具体的には無観客配信からスタートし、客席稼働が30%、50%、70%、そして100%になる過程を社会情勢とコロナウイルスの科学的根拠を元に、テクニカルスタッフと共に丁寧に進めて参ります。現時点で、正解がわかっている人は誰もいません。そして、100%安全という事実もありません。だからこそ、慎重に手探りの中、答えに近づく作業を行ってまいります」

また、総支配人の本多愼一郎からもメッセージが寄せられた。
「劇場再開に寄せて 人が集まってこそ劇場です。劇場は舞台で創りあげた作品をお客様にお届けする場所です。劇場としてできることは何なのか。安全を第一としつつ、わずかでも着実に、一歩ずつ。今できることをやりながら私たちは前に進みたいと思います。6月1日から本多劇場グループは劇場を再開していきます。休館期間中、皆さまに舞台を観ていただきたいという思いで準備をしてきました。多くの方にご協力をいただき、本多劇場グループPRESENTSとして出来得る限りの安全対策をし、最初は少人数から。本多劇場の無観客生配信を皮切りに色々な演目を上演してまいります」

【公演情報】
本多劇場グループ PRESENTS『DISTANCE』
6/1〜7◎東京 本多劇場( ※無観客生配信)
企画・脚本・演出:川尻恵太、御笠ノ忠次
出演(五十音順):井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、小林顕作、近藤芳正、清水宏、永島敬三 / 川尻恵太、御笠ノ忠次 ほか
5月25日に演目・タイムテーブル・全キャストを発表予定

〈料金〉前売・当日2500円(税込)
〈前売り開始〉5月27日正午からイープラスで発売。
〈公演サイト〉http://distance.mystrikingly.com

記事を検索

観劇予報の最新記事

『Mirai Performing Arts Fund』公式HPオープンと「Mirai CHANNEL」開始!
新国立劇場「巣ごもりシアター」新作オペラ『紫苑物語』を配信スタート
花組芝居『地獄變』7月公演中止と来年1月への延期のお知らせ
本多劇場が6月1日から営業再開、無観客で一人芝居『DISTANCE』有料生配信
観劇三昧【2020年4月】ラインナップ

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト