お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2020』新演出で来年1月に駅前劇場にて上演!

小沢道成が主宰するEPOCH MANの公演、ひとり芝居『鶴かもしれない2020』が、来年1月に駅前劇場にて上演される。
鶴のお伽話を現代の東京に置き換えた物語に、3台のラジカセと10着の着物を使って演出された異色のひとり芝居で、今回は再再演となる。

ラジカセから聞こえる登場人物との対話により舞台が進められるのだが、少しでもタイミングを間違えれば会話が成立しなくなるというリスキーさを逆手に取ることで物語の持つ緊張感が増し、それによって笑いも生まれるという一人芝居では珍しい手法の演出で話題を呼んだ。今回は、舞台美術を新たに作り変え、観客席も通常の配置とは異なり、駅前劇場では見たことのない舞台形状を装った新演出。舞台に仕掛けられた様々な小沢道成の〝演劇を遊ぶ心〟とともに楽しめる作品となりそうだ。

【ストーリー】
ーーー東京の繁華街の真ん中で泣き崩れたひとりの女
通りかかった心優しい若者が「大丈夫ですか」と声をかける
ある日、若者のもとに感謝を伝えにその女がやってくる
女は、「あなたの為ならなんでもします」と若者に告げるーーー
鶴のお伽話を現代の東京に置き換えた異色の物語。
2つの物語が交差する時、〝鶴かもしれない女〟の機を織る音が鳴り響く。

【小沢道成コメント】
この『鶴かもしれない』という作品は、ラジカセ3台と10着の着物を使って2014年に小さなギャラリーで(実験的に)公演を行いました。
対話の相手がノンストップで進んでいくラジカセなもので、そんな状況で物語も感情も途切れずに演劇として成立するのか試してみたのですが、舞台上もそして観客席も経験したことのない緊張感と高揚感が充満していて、これはいつか劇場でもやりたいと思っていました。2016年にOFF・OFFシアターでの公演が実現し、劇場用に舞台美術を加え、より耳でも目でも楽しめるものを目指したのですが、その時に隣の駅前劇場ならこんな美術や演出も面白いなと密かに思っていたのです。
しかし、なんと言っても一人芝居を上演するには観客席の数といい劇場の広さといい想像するだけで、ぞっとしてしまう程の不安と恐怖も同時に湧いていました。
そして4年後です。なんともキリのいい数字である2020年、舞台美術も衣裳も新たに構想し、あの時に感じたぞっとした想いを抱きつつも、あの時では思いつかなかった、やりたくても出来なかったある演出を実現してみようと思います。
誰もが知っている鶴のお伽話を、2020年、この現代の東京を舞台に繰り広げます。
駅前劇場版新演出での1人舞台、新しい年の幕開け、自分の可能性を信じて頑張ってみます。

【公演情報】
EPOCH MAN『鶴かもしれない2020』
作・演出・美術: 小沢道成
出演: 小沢道成
音楽: 岡田太郎(悪い芝居)
●2020/1/9~13◎駅前劇場
〈料金〉前売:3,500円 U-18:1,800円[要年齢確認証](全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈ネット先行販売〉 11月2日(土)10時~11月9日(土)23:59
〈一般チケット発売日 〉 11月23日(土)10時~
〈公演サイト 〉http://epochman.com/index.html/tsurukamo2020.html
〈EPOCH MAN 公式サイト〉 http://epochman.com
〈公式Twitter〉@MichinariOzawa

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

新作ミュージカルいよいよ開幕!『怪人と探偵』フォトコール&初日会見レポート!
水樹奈々・平原綾香ら初演キャストが再び集結! ミュージカル『ビューティフル』来年11月に帝劇で上演!
鈴木拡樹&三浦宏規“Wヒロキ”競演のミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』ビジュアルと全キャスト発表!
センセーショナルなサスペンス劇『私に会いに来て』上演中!藤田玲インタビュー
ゲキ×シネ『修羅天魔~ 髑髏城の七人 Season 極 』11月8日より全国の映画館にて順次上映開始!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報