お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

佐藤隆太主演、不朽の名作の再演『いまを生きる』開幕!

三宅亮輔、影山拓也、佐藤新、佐藤隆太、瀬戸利樹、基 俊介、市川理矩(撮影:taro)

佐藤隆太主演の待望の再演舞台『いまを生きる』が1月16日、開幕した。その初日を迎えて出演者代表からコメントが届いた。

本作は1989年にロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督によって制作されたアメリカ映画を元に、2016年10月~12月にオフブロードウェイで舞台化、18年には上田一豪が演出、佐藤隆太が主演を務め、新国立劇場 中劇場にて日本初演された作品で、今回は再演となる。

今作も初演に引き続き、演出は上田一豪。主人公である、厳しい規律で縛られてきた男子高校生たちに新たな視点や影響を与える若き教師、ジョン・キーティング役を佐藤隆太が演じる。
新たなキャストには、厳格なノーラン校長役に佐戸井けん太、生徒の一人であるニールの父・ペリー氏役に飯田基祐、ノックスが一目ぼれするクリス役に小向なるが出演している。

そして生徒役には、転校生のトッド役に佐藤新(IMPACTors/ジャニーズJr.)、中心的存在のニール役に瀬戸利樹、無邪気なノックス役に影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)、純粋なミークス役に基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)、正義感があるチャーリー役に三宅亮輔、素直でまじめなキャメロン役に市川理矩と、今後の活躍が期待される若手俳優が顔を揃えている。
ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、そこへ赴任してきた英語教師と学生たちの詩を通した交流を描く不朽の名作が、新キャストを迎えて甦った。

【あらすじ】
1959年、バーモントの全寮制学院ウェルトン・アカデミーの新学期に、同校OBの英語教師ジョン・キーティング(佐藤隆太)が赴任してきた。時を同じくして転校生のトッド(佐藤新)もウェルトン・アカデミーに編入した。ノーラン校長の指導の下、厳格な規則に縛られている学生たちに、キーティングは「教科書なんか破り捨てろ」と言い放ち、詩の本当の素晴らしさ、生きることの素晴らしさについて教えようとする。

キーティングの風変わりな授業に最初は戸惑う生徒たちだったが、次第に行動力を刺激され、新鮮な考えや、規則や親の期待に縛られない自由な生き方に目覚めていった。ある日、生徒のニール(瀬戸利樹)は学校の古い学生年鑑を読み、キーティングが学生時代に「Dead Poets Society(死せる詩人の会)」というクラブを作っていたことを知る。ニールは同級生のチャーリー(三宅亮輔)やノックス(基俊介)らとともに、近くの洞窟でクラブを再開させ、トッドも、誘われるままクラブに加わった。

彼らは自らを語り合うことで、自分がやりたいものは何か自覚していくのだった。 ノックスは偶然知り合ったクリス(小向なる)に恋をし、チャーリーは女子学生を学院に入学させるべきだと主張する。ニールは俳優を志して『真夏の夜の夢』の舞台に立つことを決心するが、ニールの父親からは舞台に立つことを反対されてしまう。そして・・・。

【キャスト代表コメント】

佐藤隆太
この作品は「いまを精一杯生きることの大切さ、尊さ」がテーマなので、このような時期だからこそ、お芝居を通して、堅苦しくなく伝えることができたらと思っています。
お客様には安心して観て頂けるよう、対策なども試行錯誤しながら、いつも以上に緊張感を持って、ここまできました。今回、再演ではありますが、新しいキャストの方々を迎え、全く違う教室の雰囲気になっています。初めて観る方々はもちろん、初演を観たことのある方々にも、新鮮な気持ちで楽しんで頂けると思います。

佐藤新(IMPACTors/ジャニーズJr.)
佐藤隆太さんをはじめ、他の俳優の方々と一緒に演技ができることを光栄に思っています。今はとにかく本番を迎えられることが嬉しいです。今回はピアノとチェロの生演奏があり、臨場感のある舞台がお届けできると思います。この「いまを生きる」という公演を通じて、僕たちのお芝居の成長も観て頂きたいです。

瀬戸利樹
この状況下のなか、最終日まで稽古を終え、幕が上がることを嬉しく思います。このカンパニーは隆太さんのおかげで楽しく、伸び伸びとお芝居をさせていただき、先生と生徒たちの関係性が舞台上にも表れていると思います。ニールは人に対する「思いやり」の気持ちが強い人物なので、演じていくうえで、言葉選びの大切さを学びました。それらの言葉を噛みしめながら、いまを生きたいと思います。

影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)
僕自身、昨年春に予定されていた舞台が中止になってしまったこともあり、今回幕を上げられるということが嬉しく、作品を届けられることに幸せを感じます。大変な世の中ですが、劇場に足を運んでくださる皆様には感謝に溢れ、客席の反応が楽しみです。佐藤隆太さんをはじめ、周りのキャストの皆さんと共演できる貴重な時間を最後まで噛みしめながら、頑張っていきたいと思います。

基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)
新国立劇場の舞台に立つのは初めてなので、今はとても緊張しているのですが、キャスト、スタッフの皆さまと稽古をしてきたなかで、とても素敵な雰囲気を作り上げてきました。大変な時期ではありますが、ご来場いただく皆様に感謝をしながら、無事に千秋楽を迎えられるように頑張りたいと思います。

三宅亮輔
もう初日かと思ってしまうくらい、あっという間の1か月でした。ここから本番を迎えていくなかで、どう転がっていくかが楽しみです。キャスト同士の仲がとても良く、それが芝居にも出ていると思いますし、演じていて楽しいです。こんな時期だからこそ、自分たちが一生懸命やることで、「いまを生きる」ということが伝わると思います。キーティング先生の言葉はどんな人にも響くと思うので、一緒に耳を傾けてほしいです。

市川理矩
まず、初日を迎えられることがすごく嬉しいです。キャスト同士の雰囲気がとても良いので、その雰囲気を保ちながら、体調管理をしっかりして、最後まで頑張りたいです。キーティング先生と出会い、キャメロンがどんな決断をするのか、是非ご覧ください。

【公演情報】
『いまを生きる』
演出・上演台本:上田一豪
出演:佐藤隆太
佐藤新(IMPACTors/ジャニーズJr.)、瀬戸利樹、影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)、基俊介(IMPACTors/ジャニーズJr.)、三宅亮輔、市川理矩
/小向なる、飯田基祐、佐戸井けん太

●1/16~31◎東京 新国立劇場 中劇場
〈料金〉S席¥9,200 A席¥7,500(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12:00~15:00)
●2/11~14◎大阪 サンケイホールブリーゼ
〈料金〉S席¥9,200 A席¥7,500(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション0570-200-888(11:00~16:00 日曜、祝日は休み)
●2/20・21◎名古屋 東海市芸術劇場
〈料金〉S席¥9,200 A席¥7,500(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12:00~15:00)
〈公式サイト〉https://www.imawoikiru.jp/

※なお、東京公演のチケットにつきましては、緊急事態宣言が発令された1月7日時点で劇場キャパシティの50%の販売数を越えていたため、当日券も含めて新たなチケット販売はありません。
また、緊急事態宣言期間(~2/7)以降に実施の大阪公演、名古屋公演につきましては、これまで通り感染予防対策を徹底の上、現時点では変更なく上演の予定です。

記事を検索

観劇予報の最新記事

脚本家・坂元裕二の作品を豪華出演者で届ける「坂元裕二 朗読劇 2021」
新感覚の演劇体験 「VR演劇」『僕はまだ死んでない』ウォーリー木下 コメント到着!
劇団☆新感線41周年春興行 Yellow⚡新感線『月影花之丞大逆転』初日開幕!
宮﨑駿の不朽の名作をジョン・ケアードが舞台化する『千と千尋の神隠し』来年2月・3月に帝劇で世界初演!
『魔界転生』のゆかりの地を天草四郎役・小池徹平&演出・堤幸彦が訪問!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報