お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ルイージ・ルナーリの代表作『住所まちがい』を白井晃演出で豪華キャストにて日本初演!

世田谷パブリックシアターでは、りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)との共同主催企画として、白井晃演出による、イタリアの現代演劇『住所まちがい』を日本初演として翻訳上演する。

『住所まちがい』はミラノ・ピッコロ座の座付作家ルイージ・ルナーリが 1990 年に発表、現在までに世界 20 か国以上で翻訳上演されているルナーリ自身の代表作ともいえる作品。
演出の白井は、ルナーリ作品には世田谷パブリックシアター主催公演『パードレ・ノーストロ ―我らが父よ』(2002 年、演出:佐藤信)に出演している。上演時に作家が来日した際には意気投合し、ルナーリ本人から自身の作品を演出することを勧められていた。そこでルナーリ作品に興味を持った白井が、今回、ルナーリの代表作ともいえる『住所まちがい』に満を持して挑むこととなった。
本邦初演にあたり、白井自身の上演台本として、混沌とした現代に生きる私たちにふさわしい作品を立ち上げる。

同じ場所で偶然遭遇し、不思議な一夜を共にする三人(社長・教授・大尉)を演じるのは、仲村トオル、田中哲司、渡辺いっけいという、映像や舞台で八面六臂の活躍を繰り広げる円熟味溢れる男優陣。「社長」を演じる仲村トオルは『偶然の音楽』(2005 年、2008 年再演)、『オセロ』(2013 年)で白井演出作品に参加した経験から、白井演出について「哲学者が描いた美術作品のように美しい」と表現、4 度目のタッグに熱い期待を寄せている。
田中哲司は白井とは『溺れた世界』(2004 年)以来の共同作業となるが、物事に動じない「教授」役を知性と教養が溢れ出しながらも、ユーモアのセンスを醸し出す演技に期待が寄せられる。
白井との初顔合わせとなる渡辺いっけいは、元軍人(大尉)役で規律を重んじつつも、どこか庶民的な顔を持ち合わせる人間味溢れる役を体現してくれるにちがいない。
異なる目的で、同じ場所に鉢合わせることで起こる喜劇を、技巧派の三人がどのように創り上げるのか期待がかかる。

そして物語の鍵を握る謎の女性役は朝海ひかるが演じる。朝海ひかるは宝塚歌劇団雪組トップスターとして活躍し、退団後も数々の舞台・映像を経験し、確かな演技力が多くの演出家から信頼を勝ち得ている。男性三人をいかに翻弄するかに注目したい。

登場人物はイタリアの伝統演劇「コメディア・デラルテ」の代表的なキャラクターをベースに、現代的なアレンジを加えた、いわば“現代の中産階級に属しているだれか”を彷彿とさせる人々。

自分の生存すら不確かな極限状況で展開される四人の奇妙な会話。『住所まちがい』は、達者な役者の演技に支えられ、それそれぞれの人生観が凝縮した会話の妙を楽しめる上質な喜劇となっている。

《ストーリー》
社長、大尉、教授の三名が、それぞれの理由で―社長は女性との密会のため、大尉はビジネスのため、教授は自身の最新出版書のゲラチェックのため―同じ場所に居合わせる。三人が鉢合わせたこの場所はホテルなのか、事務所なのか、それとも出版社なのか。最初は互いに自分が正しいと信じていたが、実はそうではないことがわかってくる――住所は三人それぞれにとって「正しい」住所だったということに。
奇妙な状況下、突然、大気汚染を告げる警報ベルが鳴り、三人とも外に出られなくなってしまう。三人は一緒に一晩を過ごすことになるが、徐々に恐ろしい疑念が頭をもたげてくる。もしかしたら…。
三人の会話はユーモアに富み、生と死、運命、宿命、自由な意志、神の存在、無神論等の話題がゴシップのように語られていく。すると突然、謎の女性が部屋に入ってきて曖昧なことばかり語り始める。三人の疑念はさらに強まっていく…。

【コメント】
白井晃(上演台本 ・演出)
本作は、それぞれが住所を間違って同じ部屋に居合わせた 3 人の男性が、話し合いを重ねるも余計に混乱し、自分たちがどこにいるのか分からなくなる、そこに謎の女性が登場し――という喜劇仕立ての物語です。
最初は遠慮し合っていた 3 人が、次第に自分の肩書や地位を利用して自己主張を始め、いがみ合う過程で、人間の本質や滑稽さが赤裸々に盛り込まれた非常に面白い会話劇です。仲村さんと田中さんは久々に、渡辺さんと朝海さんは初めてご一緒しますので、とても楽しみにしています。

仲村トオル (社長役)
『偶然の音楽』(05 年、08 年)、『オセロ』(13 年)という2作品で白井さんの演出を受けましたが、稽古場で日々、「ああしてみよう、こうしてみよう」と試して、高みを目指していく。ご本人がいらっしゃらないところで、白井晃の “あきら”は、あきらめないの“あきら”だ、と僕は言っていました(笑)。稽古場ではたくさん“間違える”ことで、より良い作品に近づいていくと感じていますが、皆さまには、この芝居を観たことは“間違いではなかった”と思っていただけるように頑張ります。

田中哲司(教授役)
映画やドラマの時に使っている日常会話とは違い、この作品は翻訳劇のため少し不条理な感じで難しいのですが、だからこそやりがいがあると思っています。白井さんとは『溺れた世界』(04 年)以来で、「昔と何も変わってない」と言われるんじゃないかと緊張しますが、それ以上に楽しみが大きいです。難しい戯曲だからこそ役者の底力が出ると思いますし、4人の役者のぶつかり合いをぜひ見ていただきたいです。頑張ります。

渡辺いっけい(大尉役)
若い頃に白井さん主宰の「遊◉機械/全自動シアター」の芝居を見て、「なんてオシャレなんだ!」と憧れたのを鮮烈に覚えています。かなり粘る演出家だとお聞きしているので、稽古場で試行錯誤することになると思いますが、望むところですね。この作品は予想がつかない展開で、油断して見ているととんでもないところに連れて行かれるので、白井さんと一緒にいい塩梅の落としどころを探して、皆さんを面白い場所にお連れしたいと思います。

朝海ひか る(謎の女性役)
白井さんの作品は、アーティスティックできれいなビジュアルと、生々しい感情をぶつけ合う人間ドラマの対比がすごく好きで、今回出演できるのがとても楽しみです。この作品は、大人の男性が自分の築き上げてきたものを盾に言い合うてんやわんやが面白く、時にばかばかしく、ほろ苦く、そして生と死や人間が抱えるいろいろな問題もビビッドに描かれています。そこに私が演じる女性がどう関わっていくのか、楽しみにしていてください。

【公演情報】
りゅーとぴあ×世田谷パブリックシアター
『住所まちがい』
原作:ルイージ・ルナーリ
上演台本・演出:白井晃
出演:仲村トオル 田中哲司 渡辺いっけい 朝海ひかる
●9/26~10/9◎世田谷パブリックシアター
〈料金〉一般/S 席(1・2 階席)7,500 円  A 席(3 階席)5,500 円 (全席指定・税込・未就学児童入場不可)
※他高校生以下、U24など各種割引あり
〈一般発売日〉2022 年 7 月 24 日(日)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター  03-5432-1515(10~19 時)
世田谷パブリックシアターオンラインチケット  https://setagaya-pt.jp/
※託児サービスあり ※車椅子スペース取扱あり ※聞こえにくい方のための音声サポート(要事前申込・無料)あり
〈公式サイト〉https://setagaya-pt.jp/
〈公式Twitter〉@SetagayaTheatre

【ツアー公演情報】
●10/13~14◎豊橋  穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール
●10/22~23◎兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
●10/29◎松本 まつもと市民芸術館 主ホール
●11/2・3◎新潟 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場

 

【宣伝美術:近藤一弥 宣伝写真:二石友希】

記事を検索

観劇予報の最新記事

石野真子主演、鈴木福の大人びた表情にも注目!『きっとこれもリハーサル』メインビジュアル公開!
小柴 陸、羽野晶紀、橋本さとしでリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』が再演決定!
「尾上右近が描く和傘チャリティー企画」高額で落札、全額寄付の贈呈式
舞台『青少年アシベ』メインビジュアル公開!
丘みどりがミュージカル初挑戦!朗読ミュージカル『8000mの愛』上演決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報